シルヴプレ『エトランゼとエトランゼール』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

シルヴプレ

パントマイム シルヴプレ 第七回公演

『エトランゼとエトランゼール』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年2月19日(土)〜2月20日(日)
会場 シアターΧ
〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14
PR・解説 シルヴプレは、1999年結成。2000年から、舞台やストリートで、男と女の間にある愛の機知をシニカルに、そしてユーモラスに演じ、パントマイムの新たな可能性を追求し続けています。言葉を使わないシルヴプレのパントマイムは、年齢、国籍を問わず、世界各地で受け入れられ、2010年1月の第6回公演『春まてヴァーグ』は、東京・中野と、フランス・パリの2ヶ国で開催。その後、5月から10月まで、フランスを中心にヨーロッパ各地、25カ所のフェスティバルへ招待をうけ、来年にさらなる期待を残す実りある半年となりました。そのシルヴプレの、新しい挑戦となる舞台公演です。
ストーリー 7回目となる今回のソロ公演では、男と女の間にある、シニカルでユーモラスな関係に、郷愁が加わります。
旅する異邦人(エトランゼ)は、どこに行くのか、どこに帰ろうとしているのか。短くもはかない人生という旅路の中で起こるエピソード、困難を乗り越えようとするときの哀しみや滑稽さを、パントマイムの力を借りつつ、ほのぼのと、そしてちょっぴりブラックジョークをまじえて、お届けします。是非、シルヴプレ号にご同乗くださいませ。 
※エトランゼ(etranger)=仏語(形)外国の/よその/無関係な/未知の (名)外国人/よそ者/外国 
エトランゼール(etrangere)=仏語etrangerの女性形
スタッフ 照明・音響:松田充博
舞台監督:川俣勝人
宣伝美術:高野瞳
キャスト シルヴプレ:柴崎岳史、堀江のぞみ
お問い合わせ アフタークラウディカンパニー
03-3403-0561
info@accircus.com
アフタークラウディカンパニー

チケット発売日

2010年12月1日(水)

入場料金

前売2,500円/当日3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

アフタークラウディカンパニー 03-3403-0561

チケット販売サイトへ

カンフェティ 0120-240-540

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2011年2月19日(土) 〜 2月20日(日)

上演時間 約1時間

2011年2月

13 14 15 16 17 18 19
  • 15:00
  • 19:00
  •  
20
  • 15:00
  •  
  •  
21 22 23 24 25 26

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=19322

トラックバック一覧