劇団レッド・フェイス『七慟伽藍 其の八』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団レッド・フェイス

第30回 劇団レッド・フェイス プロデュース

『七慟伽藍 其の八』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

新キャストで、更にパワーアップした伽藍です。

公演データ

公演期間 2011年2月11日(金・祝)〜2月14日(月)
会場 ZEBRA GAREGE
〒108-0014 東京都港区芝5-2-7
PR・解説 2009年4月に初演されすでに七公演、57ステージを終了。わずか、八名のキャストで、3000名を動員しています。総出演者も32名を数えます。劇団としては、初の笑いの一切ない作品です。笑いが好きなわたしたちが、笑いに頼らないと、一体どんな事が出来るのか。外すと本当に、危険でしたが『究極の緊張』に挑戦したのですが、御蔭さまでみなさまからの支持を得て、現在に至ります。今年もこの2月公演が「伽藍』のスタートとなります。戦国シリーズの中の3本目である、「七慟伽藍』をなぜか最初にうっかり、やってしまいました。来年は、戦国シリーズ新作となる1本目、2本目も上演予定です。こちらも、どうぞ、ご期待ください。
ストーリー 戦国の世、一斉を風靡した武将たち。しかし、彼らは400年たった今でも、誰一人として天界には行けず、漆黒の冥界を、ただただ彷徨っていた。やがて、戦国武将たちは、ここに再会を果たす。武田信玄、浅井長政、朝倉義景、明智光秀、豊臣秀吉、徳川家康が、自らが冥界の捕われ人だと知った。『誰が、わしらを集めたのか』。・・・そこに現れたのは、誰あろう、あの第六天魔王を名乗る、織田信長であった。口々に語られて行く、後悔と希望、そして、嘘と真実がやがて、驚愕の結末へと武将らを誘って行く。
スタッフ 照明/谷川裕俊 音響/橋本絢加 制作/塚本あい 舞台美術/奥田直樹 三井伸介 衣装/榊原理恵子
キャスト 織田信長/榊原利彦 豊臣秀吉/小井塚登 明智光秀/三井伸介 徳川家康/庄田侑右 朝倉義景/戸田悠太 浅井長政/小川大悟 武田信玄/未定 八百比久尼/大竹一重
お問い合わせ 劇団レッド・フェイス
080-5420-5489
goyoyaku.red.face@softbank.ne.jp
榊原利彦ホームページ

チケット発売日

2010年12月1日(水)

入場料金

前売り4,200円/学生3,000円/当日4,500円/ファンクラブ4,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団レッド・フェイス 080-4200-5489

チケット販売サイトへ

当日券情報 4500円
割引情報 学生3000円(学生証をご持参ください)

公演日程

2011年2月11日(金・祝) 〜 2月14日(月)

上演時間 1時間40分

2011年2月

6 7 8 9 10 11
  • 19:00
  •  
  •  
12
  • 15:00
  • 19:00
  •  
13
  • 13:00
  • 17:00
  •  
14
  • 19:00
  •  
  •  
15 16 17 18 19

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=19349

トラックバック一覧