PHILIA project『8.9 exodus』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

PHILIA project

PHILIA project PRESENTS シアターX(カイ)提携公演

『8.9 exodus』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年1月14日(金)〜1月16日(日)
会場 シアターΧ
〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14
PR・解説 PHILIA project が贈る 悲しみと祈りのトータル・パフォーマンス第5弾!
16日公演終了後、シンポジウム同時開催「いつか見る記憶5 人間の闇」
ゲスト:嶋田美子[ビジュアルアーティスト]、中村弓子[フランス文学・思想]、森住卓[フォトジャーナリスト]
ストーリー 1945年8月9日、ソ連が日本に対して宣戦布告をした瞬間、アジアに侵攻していた人たちの生活は逆転した。
軍は逃げ、一般人たちは日本国から見棄てられ、置き去りにされた。そこから、日本の引揚者の悲劇ははじまる。
満州には、ソ連軍がなだれこみ、加害国の日本人は、一夜にして被害者となった。

8月12日、満州・哈達河(ハタホ)開拓団は、逃避行中、ソ連軍と満州国反乱軍に包囲される。
彼らが出した結論は、集団自決。その数、400余名。
満蒙開拓団最大の悲劇「麻山(マサン)事件」

肉親同士が殺し合うという世界史のなかでも特異で、もっとも悲惨な行為、集団自決。
なぜ、戦争の代償を、あるいは加害者たちの最後の代償を、弱者である婦女子たちが負わなければならなかったのか。

20世紀が後戻り不能として残した、負の課題としての人間の闇
加害と被害を越えた、人間の叡智、価値を見い出すための 悲しみと祈りのトータル・パフォーマンス!
スタッフ 設計:二瓶龍彦 Nihei Tatsuhiko
映像:宇田川伸一 Udagawa Shinichi
照明:海野ひろ美 Unno Hiromi
舞台監督:倉本 徹 Kuramoto Tetsu
フライヤーデザイン:オータ・ナオ Ohta Nao
写真提供:田中淑子 Tanaka Toshiko 太田雅敏 Ohta Masatoshi
パンフレット制作:オータ・ナオ Ohta Nao+二瓶龍彦 Nihei Tatsuhiko
制作:Philia Project
キャスト 小沢恵美子 Ozawa Emiko
麻生アユミ Aso Ayumi
祥子SHOKO Shoko
田中克季 Tanaka Katsuki
オータ・ナオ Ohta Nao
お問い合わせ PHILIA project
090-6517-0809
philia_project@yahoo.co.jp
PHILIA project公式サイト

入場料金

前売3,500円/当日3,800円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

PHILIA project 090-6517-0809
E-mail:philia_project@yahoo.co.jp

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演30分前より、劇場受付にて販売

公演日程

2011年1月14日(金) 〜 1月16日(日)

上演時間 約1時間45分

2011年1月

9 10 11 12 13 14
  • 19:30
  •  
  •  
15
  • 15:00
  • 19:00
  •  
16
  • 15:00★
  •  
  •  
17 18 19 20 21 22
★:公演終了後シンポジウムあり

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=19378

トラックバック一覧