劇団パーティーピーポー『楽園』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団パーティーピーポー

劇団卒業公演

『楽園』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

★観とく?3得!★

1【早得!】
早く予約すればいい席で観れる!メール1通で簡単予約!席数限定につきお早目に!
[予約方法]rakuen2011@gmail.comに《お名前・希望公演日時・希望席数》をお送り下さい。返信メール受信にて予約完了となります。

2【チョコ得!】
バレンタインデー直前ということで、来場者にはもれなく劇団員からチョコのプレゼント!

3【twi得!】
観劇後twitterで感想を呟いてくれた方に抽選で公演DVD・劇団公式グッズをプレゼント!

詳しくは公式サイト(PC、スマートフォン)から。
http://partypeople2010.web.fc2.com/whatsnew.html

公演データ

公演期間 2011年2月11日(金・祝)〜2月13日(日)
会場 駒場小空間
〒153-0041 東京都目黒区駒場3-8-1東京大学駒場キャンパス内多目的ホール
PR・解説 劇団初、完全オリジナル脚本。
前作『髑髏城の七人』の中核となった4年生の卒業を前に、東大ESSのOB/OGが贈る最新作(日本語劇)は、
一国を舞台にした、感動の物語。
ストーリー 「楽園」

人々はかつてその国を、そう呼んだ。
繁栄を謳歌した王国。
王宮に生きる四人は、幸せな運命を確信していた。

しかしその陰に潜んでいた、歪み。

「崩れていく音だ…ゆっくり…この国が崩れ始めてんだよ。」

きっかけは一つの出逢いだった。
その些細な出来事が四人、そして王国の、
運命の歯車を狂わせてゆく。

「痛くない、怖くもない。でもね、わからないんだ…ねえ、
私はどうして…生まれてきたの?」

絶望の淵で人々が見た、
生きる、意味とはー。
スタッフ 舞台監督/坂井宏記・監督補/谷口怜哉
舞台/矢野遼太・浅野雪美・石島彬仁・岩永雄磨・千田秀典・西川祥矢
照明/米山侑志・松下友紀・竹内聡志・黒岩里奈
音響/伊藤文徳・加勢隆雄
衣装/和久田真由子・村尾碧
制作/小林駿・鈴木弥生子
キャスト 和久田真由子、馮年、嶋田広野、上板裕子、山根有紀子、吉川瑛紀、伊藤文徳、和田華仁、金城綾香、坂井宏記、矢野遼太、朝比奈竜生、木下昌洋、河合優奈、明智慧子、舟川智子、誉田剛士、松本雄真、加藤嵩侑
お問い合わせ 劇団パーティーピーポー制作
rakuen2011@gmail.com
劇団パーティーピーポー公式ホームページ

入場料金

無料(カンパ制)

公演日程

2011年2月11日(金・祝) 〜 2月13日(日)

上演時間 公演時間は2時間半程度を予定しております。

2011年2月

6 7 8 9 10 11
  • 18:00
  •  
  •  
12
  • 13:00★
  • 18:00
  •  
13
  • 13:00★
  • 18:00
  •  
14 15 16 17 18 19
★の公演では出演者その他によるアフターパフォーマンス(10分程度)を予定しております。
開場は開演の30分前です。

※席は基本的には自由席(予約必要なし)ですのでお早目のご来場をお勧め致します。
※【早得!】(後述参照)ご利用のお客様にのみ予約席をご用意致します。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=19494

トラックバック一覧