東京スロバキア・オペラ交流の会『LA Boheme』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

東京スロバキア・オペラ交流の会

スロバキア国立オペラ 東京公演2011

『LA Boheme』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年1月22日(土)
会場 成城ホール
〒157-8501 東京都世田谷区成城6-2-1
PR・解説 スロバキア国立オペラの一流ソリストたちによる感動のパフォーマンス!
鍛え抜かれた美しい歌声の饗宴!
創意工夫した新しいスタイルのオペラで、これまでにない感動をお届けします。
ストーリー 時は1830年頃、舞台はクリマスのパリ。あるアパートの屋根裏部屋で、ボヘミアンと呼ばれる芸術家の卵たち、詩人ロドルフォ、画家マルチェッロ、音楽家ショナール、哲学者コルリーネが貧しいながらも陽気に共同生活をしていた。クリスマス・イブの夜、ショナールがたまたま稼いできたお金で4人は街に繰り出そうと意気投合するが、詩人ロドルフォだけは原稿を仕上げてから行くことになり、ほかの3人は先に出ていく。
そこへ、ロウソクの火をもらいにやって来た、隣人のお針子ミミ。二人は恋に落ちる。
また、画家マルチェッロの前には、かつての恋人ムゼッタが現れる。始めはぎこちなかったものの、再度お互い惹かれあい、二人はよりを戻す。
年は明けて、2月。ミミはマルチェッロに、恋人ロドルフォが最近冷たいことを相談しにくる。そこにロドルフォが現れたのでミミは物陰に隠れるが、彼がマルチェッロに「ミミを愛しているが、彼女は病を患っており、貧乏の自分には面倒が見切れない。別れる方がいい」と言うのを聞いてしまう。ミミがいるのに気づいたロドルフォは彼女に駆け寄る。二人は愛を確かめ合いながらも、お互いのために別れる決心をするが……。
陽気なボヘミアンたちの青春、愛、そして死を描く名作です。

入場料金

前売り3,500円/当日4,000円(税込)

チケット発売窓口

東京スロバキア・オペラ交流の会(ワンダーアートプロダクション内) 03-3280-7155
FAX:03-3280-7156
mail:wap@basil.ocn.ne.jp
当日券情報 劇場にて販売
割引情報 前売り割引あり。

公演日程

2011年1月22日(土)

2011年1月

16 17 18 19 20 21 22
  • 19:00◎
  •  
  •  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=19530

トラックバック一覧