冨士山アネット『3つのビル』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

冨士山アネット

冨士山アネットpresents

『3つのビル』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

【1月限定◆初売!】オリジナルDVD特典付き初売チケットは31日まで!!お見逃しなく!!

公演データ

公演期間 2011年2月16日(水)〜2月20日(日)
会場 横浜美術館レクチャーホール特設舞台
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目4番1号
PR・解説 冨士山アネット新作「3つのビル」。
今作は3つの物語を通して、「物質の価値」について問いかけます。
横浜美術館にて観客の間近で繰広げられる「テアタータンツ」、お見逃しなく。
ストーリー 3つのビル
物質の価値についての3すくみの様相

建築中のビルが建並ぶ。
近隣でも群を抜いて建つ3つのビルは、それぞれが競い合い建っている様だ。
人々はそのビルが竣工する前から、周囲に群がってそのビルを見上げている。
鉄骨がクレーンでゆらゆらと上がって行く。
その様はまるで何かのショーの様だ。
そんな状況をぼんやりと見ている私の手にはペットボトルが有る。
そのペットボトルはこのビルの建築総工費よりずっと安い150円。
中に入っている飲料をすっかり飲干した後で、棄てる場所を失いぼんやりと持っていた。
中身を飲干した今、このペットボトルの価値は幾らだろう。
棄てる場所を捜している位だから、ほぼ0円に近いだろう。
だがどうだろう、この流麗なフォルムは。
今や価値の無いこの美しいペットボトルに対して、元々買った金額を手渡されても、私にはこのペットボトルを作る事が出来ないのだ。
150円を渡しても作れないペットボトルに、飲料が付いて150円。
これはとても、とても素晴らしい事ではないだろうか。
それだけで私は何だか幸せな気分になる。
この途方も無い総工費の3つのビルを前にして。
スタッフ 【スタッフ】
作/演出/振付:長谷川寧 音楽監督:吉田隆弘
衣裳:生田志織 舞台監督:永野雅仁
映像:浦島啓(PUREDUST) 照明:奥田賢太(colore)
音響:中村光彩
音響協力:佐藤春平
宣伝美術:太田創(01Ga graphics)
制作部:田沼慶子 制作:清水美里+冨士山家
キャスト 【振付・出演】
大石丈太郎 大園康司 伊藤麻希 政岡由衣子 村本すみれ(MOKK)中村蓉 長谷川寧
お問い合わせ 冨士山家
080-5496-7555
fujiyamanet@gmail.com
冨士山アネットオフィシャルサイト

チケット発売日

2011年1月8日(土)

入場料金

前売2,800円(全席自由・税込)

※各回限定50席を販売予定。客席数が限られている為、お早目のご予約をお勧め致します。
※演出の都合上、背もたれの無い、座面の低い座席となります。車椅子のお客様、足腰に負担の有るお客様は備考欄にてお知らせ下さいませ。
※未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。

チケット発売窓口

冨士山家 080-5496-7555

チケット販売サイトへ

当日券情報 ※各回ご用意いたします。なお、若干枚数になる可能性がございます。

公演日程

2011年2月16日(水) 〜 2月20日(日)

上演時間 約60分

2011年2月

13 14 15 16
  •  
  •  
  •  
  • 19:30
17
  • 休演
18
  •  
  • 15:00
  •  
  • 19:30
19
  •  
  • 15:00
  •  
  • 19:00★
20
  • 13:00★
  •  
  • 17:00
21 22 23 24 25 26
★…ポストパフォーマンストーク

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=19634

トラックバック一覧