演劇集団壺会『女存在 (再演)』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

演劇集団壺会

壺会第十回公演

『女存在 (再演)』

  • 公演中
  • 当日券情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

壺会、再始動。

公演データ

公演期間 2011年3月4日(金)〜3月6日(日)
会場 ブローダーハウス
〒156-0043 東京都世田谷区松原5-27-10
PR・解説 20歳の時に劇団を旗揚げしてから10年の時間が過ぎ、私たちは30歳となりました。
劇団の再始動に当たって、はじめて創作した戯曲の改稿、再演を決定いたしました。

変わってゆくもの
変わらないもの

10年の歳月を経てまたこの作品をつくってゆくことは、懐かしいあの場所に還るという、『女存在』という作品そのものであるように感じます。

二十歳の私たちだからこそつくれたものがありました。
回り道を許さない、針の山を裸足でじゃんじゃんかけてゆくような痛々しく、
そして美しいもの。

そして、三十歳の私たちにしかつくれないものがどの形をとってその姿を現すのか、
その行方私たち自身とても楽しみにしています。

懐かしいあの場所へ還るこの旅が、新しい出発点となることで、
過去の私たちから祝福を受けた公演です。

より純粋に、より優しい、より強く、より美しい新生『女存在』に、ぜひご期待ください。
ストーリー 待つことは孤独との戦いで一人で待ち続けることは
やっぱりどうしようもなく寂しいことです。
それでも待ち続ける二人の女がいました。
「あの場所に帰ることからすべては始まる」という事だけは分かっているからです。
懐かしいあの場所に帰りたかった二人が
奇跡のような必然のような「出会い」をはたしました。
そしてお互いをすべてだと思い込んでしまったのです。
相手がそれでないと分かってしまっても二人は離れようとしません。
暖かくて居心地の良いここを離れまた孤独を選ぶ勇気を持てなかったのです。
でも知ってしまったのです。二人は。世界がもっと広いことを。
スタッフ 脚本 高橋朋子
演出 壺会
照明 加藤九美(RISE)
音響 志水れいこ 山下沙織
美術 奥田晃平
版画 KYO.U
チラシデザイン 杉田理恵
制作 壺会、奥田英子
協力 橋本千春、高津装飾美術
壺女 川島めぐみ
キャスト 高橋朋子 内海詩野
お問い合わせ 壺会
080-5678-7090 / 090-8803-7665
tsubokai@hotmail.co.jp
壺会公式ウェブサイト【壺帳】

チケット発売日

2011年2月1日(火)

入場料金

前売券(自由)2,800円/当日券(自由)3,000円(全席自由・税込)

事前にご予約いただき、当日清算の場合も前売券価格でご案内いたします。

チケット発売窓口

演劇集団壺会 080-5678-7090
http://www7b.biglobe.ne.jp/~tsubokai/
公式ホームページからチケットをご予約いただけます。

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2011年3月4日(金) 〜 3月6日(日)

上演時間 約90分

2011年3月

    1 2 3 4
  • 19:00
  •  
  •  
5
  • 14:00
  • 19:00
  •  
6
  • 13:00
  • 17:00
  •  
7 8 9 10 11 12

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=19825

トラックバック一覧