『レ・ミゼラブル』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ミュージカル

『レ・ミゼラブル』

  • 公演中
  • 当日券情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

*当日券についての詳細は(http://www.tohostage.com/lesmiserables/ticket.html)へ

公演データ

公演期間 2011年4月12日(火)〜6月12日(日)
会場 帝国劇場
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1
PR・解説 もう二度とは観られない1985年ロンドンオリジナル版『レ・ミゼラブル』の日本最終公演!
世界42カ国で上演され絶賛を頂いた「レ・ミゼラブル」はロンドンで初演以来25周年を迎えました。これを機会にプロデューサー、キャメロン・マッキントッシュは新演出の「レ・ミゼラブル」を創り出しました。次の四半世紀は、新演出となります。そのため、今までのオリジナル版「レ・ミゼラブル」を観られるのは今回の公演が最後となります。多勢のお客様の思い出のこもったこれまでの演出ヴァージョンとのお別れ。どうぞお見逃しないよう、心に深く刻んでください。
ストーリー 原作は、フランス文学の巨匠ヴィクトル・ユゴーが自身の体験を基に、19世紀初頭のフランスの動乱期を当時の社会情勢や民衆の生活を克明に描いたロマン主義大河小説である。この原作小説をベースに、「無知と貧困」「愛と信念」「革命と正義」「誇りと尊厳」などのエッセンスを余すところなくミュージカル化した『レ・ミゼラブル』の日本初演の幕が開いたのは、24年前の1987年6月、帝劇でのことだった。その普遍的なテーマ性、卓越したストーリー展開、郷愁を誘う美しいメロディ、劇中のセリフほとんど全てを歌って表現するという特異性、群衆による歌唱シーンの迫力、舞台装置の圧倒的なスケール感は、それまでのミュージカルの概念を完全に吹き飛ばし、観客に熱狂的な支持を持って迎えられ、帝劇史上初の6カ月ロングラン公演大成功という快挙をなしとげたのであった。以来24年間、日本全国各地でコンスタントに上演され、東宝演劇史上最多の2,481回という上演回数を積み重ね、まさに東宝ミュージカルを象徴する作品と言っても過言ではない。帝劇開場100周年の2011年、今までご愛顧頂きました全ての皆さまに感謝をこめ、《最高》の『レ・ミゼラブル』をお贈り致します。
スタッフ 作●アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルク
原作●ヴィクトル・ユゴー 
オリジナル・プロダクション製作●キャメロン・マッキントッシュ
潤色・演出●ジョン・ケアード/トレバー・ナン
翻訳●酒井洋子 訳詞●岩谷時子 プロデューサー●田口豪孝/坂本義和 
製作=東宝
キャスト 人々を無償の愛で包み込むジャン・バルジャン役には、続投の山口祐一郎と別所哲也に加え、実力派の吉原光夫が東宝ミュージカル初出演にして大役を務める。法の正義に殉じる男ジャベールには、続投の石川禅、岡幸二郎、今拓哉に加え、実力派アンサンブル出身のKENTAROが抜擢され、念願の大役に挑む。ファンテーヌ役には、前回のエポニーヌから役替わりの知念里奈と新妻聖子、そして宝塚出身の和音美桜が初参加。コゼット役には続投の神田沙也加に加え、前回アンサンブル参加だった稲田みづ紀と折井理子が初プリンシパルに、そして中山エミリが東宝ミュージカル初出演となる。マリウス役には、『モーツァルト!』でタイトルロールを務める山崎育三郎が続投し、前回のアンジョルラスから役替わりの原田優一と、アンサンブル出身の野島直人の3人が扮する。マリウスへの一途な思いを秘めるエポニーヌ役には続投の笹本玲奈に加え、『RENT』でミミ役の好演が光るJennifer、東宝ミュージカルアカデミー出身の新人・平田愛咲を抜擢。テナルディエ役には続投の駒田一に加え、三波豊和が東宝ミュージカル初参加、長年に渡りマダム・テナルディエ役を演じる森公美子と阿知波悟美との初コンビを披露する。 革命の志士・アンジョルラス役には、東京芸大出身でミュージカル初出演の新生・上原理生と、かつてはアンサンブル出演だった阿部よしつぐが久々に戻って来る。帝劇開場100周年記念スペシャル・キャストでは続投の今井清隆に加え、鹿賀丈史、岩崎宏美、島田歌穂、林アキラ、斎藤晴彦、鳳蘭ら、1987年日本初演メンバーが戻って来るのも話題のひとつだ。
お問い合わせ 東宝テレザーブ
03-3201-7777

入場料金

S席13,500円/A席9,000円/B席4,000円/プレビュー公演S席11,000円/プレビュー公演A席8,000円/プレビュー公演B席3,500円/帝劇100周年感謝デーS席10,000円/帝劇100周年感謝デーA席7,500円/帝劇100周年感謝デーB席3,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

発売初日特別電話番号

チケットぴあ 0570-02-9910
※発売当日は特電のみ受付
ローソンチケット 0570-084-632
※発売当日は特電のみ受付
e+(イープラス) 0570-06-9900
※発売当日は特電のみ受付
CNプレイガイド 0570-08-9900
※発売当日は特電でも受付
東宝テレザーブ 03-3201-7777
営業時間 午前9時30分〜午後5時30分
※チケットは、お近くのセブン-イレブン、ゆうパックでもお引取りいただけます。

チケット販売サイトへ

帝国劇場窓口 03-3213-7221
電話予約開始日の翌日より承ります。
※窓口取り置き席はございません。
営業時間 午前10時00分〜午後6時
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:407-518
<5月分>3月5日(土)
Pコード 407−519

<6月分>3月12日(土)
Pコード 407−520

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-000-407
Lコード:
4月分:31634
5月分:31635
6月分:31636

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp
CNプレイガイド
cnplayguide.com
0570-08-9999(オールジャンル)

チケット販売サイトへ

JTBエンタテインメントチケット (JTB各店店頭販売)S席のみ販売
当日券情報 当日10時より劇場にて販売
*詳細は公式HPへ

公演日程

2011年4月12日(火) 〜 6月12日(日)

上演時間 約3時間10分
(休25分)

2011年4月

10 11 12
  • 13:00
  • 18:15
  •  
13
  • 18:15
  •  
  •  
14
  • 13:00
  • 18:15
  •  
15
  • 13:00
  •  
  •  
16
  • 12:00
  • 17:00
  •  
17
  • 12:00
  • 17:00
  •  
18
  • 休演
19
  • 13:00
  • 18:15
  •  
20
  • 18:15
  •  
  •  
21
  • 13:00
  • 18:15
  •  
22
  • 13:00
  •  
  •  
23
  •  貸切
  • 17:00
  •  
24
  • 13:00
  •  
  •  
25
  • 休演
26
  • 13:00
  • 18:15
  •  
27
  • 13:00
  •  
  •  
28
  • 13:00
  • 18:15
  •  
29
  • 13:00
  •  
  •  
30
  • 12:00
  • 17:00
  •  

2011年5月

1
  • 13:00
  •  
  •  
2
  • 休演
3
  • 12:00
  • 17:00
  •  
4
  • 13:00
  •  
  •  
5
  • 12:00
  • 17:00
  •  
6
  • 13:00
  •  
  •  
7
  • 12:00
  • 17:00
  •  
8
  • 13:00
  •  
  •  
9
  • 休演
10
  • 18:15
  •  
  •  
11
  • 13:00
  • 18:15
  •  
12
  • 13:00
  • 18:15
  •  
13
  • 13:00
  •  
  •  
14
  • 12:00
  • 17:00
  •  
15
  •  貸切
  • 17:00
  •  
16
  • 休演
17
  • 13:00
  • 18:15
  •  
18
  • 13:00
  • 18:15
  •  
19
  • 13:00
  •  
  •  
20
  • 18:15
  •  
  •  
21
  • 12:00
  • 17:00
  •  
22
  • 12:00
  • 17:00
  •  
23
  • 13:00
  •  
  •  
24
  • 13:00
  • 18:15
  •  
25
  • 18:15
  •  
  •  
26
  • 13:00
  • 18:15
  •  
27
  • 13:00
  •  
  •  
28
  • 12:00
  • 17:00
  •  
29
  • 12:00
  • 17:00
  •  
30
  • 休演
31
  • 13:00
  • 18:15
  •  
       

2011年6月

      1
  • 13:00
  • 18:15
  •  
2
  • 18:15
  •  
  •  
3
  • 13:00
  •  
  •  
4
  • 12:00
  •  貸切
  •  
5
  • 12:00
  • 17:00
  •  
6
  • 13:00
  •  
  •  
7
  • 13:00
  • 18:15
  •  
8
  •  貸切
  • 18:15
  •  
9
  • 13:00
  •  
  •  
10
  • 18:15
  •  
  •  
11
  • 12:00
  • 17:00
  •  
12
  • 12:00
  •  
  •  
13 14 15 16 17 18

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=19874

トラックバック一覧