二兎社『シングルマザーズ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

二兎社

『シングルマザーズ』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年4月21日(木)
会場 滋賀県立芸術劇場(びわ湖ホール)
〒520-0806 滋賀県大津市打出浜15番1号
PR・解説 シングルマザーを題材にした永井愛書き下ろし新作に、沢口靖子が出演します。端正な姿からは想像しがたい”はじけっぷり”が魅力の彼女は、今回の作品が永井との初顔合わせ。克服しがたい心の傷を隠し持つ多面的な役柄に挑戦します。また、唯一の男性キャストとして登場する吉田栄作が、正義感の強かったこれまでのイメージを一新し、”ゆがんだ価値観”によって、自覚のないままパートナーを苦しめる男性を演じるのも見どころの一つです。
ストーリー 直(沢口靖子)は12歳の男の子を育てるシングルマザー。派遣社員として働くかたわら、シングルマザーの支援団体、“ひとりママ・ネット”の新米事務局長としても忙しい。
時は2002年の秋――事務所はオンボロアパートの一角だが、代表の燈子(根岸季衣)と直の目標は大きい。児童扶養手当の削減を阻止するため、国会を動かそうというのだ。
ロビー活動や、ネットワークづくりに追われる日々。シングルマザーたちからは、ひっきりなしに悩みごとの相談が寄せられる。水枝(玄覺悠子)も初音(枝元萌)も、そんな中で出会った仲間だ。彼女たちがつまずきながらも、それなりに自立していく様子は、直の励みになっている。
ある夜、見知らぬ男(吉田栄作)が事務所に現れた。妻子が突然消えてしまったという。話を聞くうち、直にはひらめくものがあった。この男には、DV(ドメスティック・バイオレンス)の傾向があるのでは?この夜から、直と男の奇妙な交流が始まった。
そして、2007年。国会へのロビー活動は、いよいよ正念場を迎えて――
スタッフ 作・演出=永井愛/美術=大田創/照明=中川隆一/音響=市来邦比古/衣装=竹原典子/ヘアメイク=清水美穂/演出助手=鈴木修/舞台監督=澁谷壽久/制作=本郷みつ子・安藤ゆか
キャスト 沢口靖子、根岸季衣、枝元萌、玄覺悠子、吉田栄作
お問い合わせ びわ湖ホールチケットセンター
077-523-7136
10:00〜19:00/火曜日休館、休日の場合は翌日

チケット発売日

2011年2月5日(土)

入場料金

S席4,500円/S席(友の会)4,000円/A席3,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

びわ湖ホールチケットセンター 077-523-7136
10:00〜19:00/火曜日休館、休日の場合は翌日

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:409-716
ローソンチケット
l-tike.com
0570-000-777
0570-084-005 Lコード:54147
e+(イープラス)
eplus.jp
当日券情報 青少年割引当日券…公演当日に残席がある場合に限り、青少年(25歳未満)の方に対し、定価の半額で当日券を販売します。(学生証等年齢の分かるものをご提示ください。)

公演日程

2011年4月21日(木)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=19932

トラックバック一覧