鎌倉能舞台『能を知る会 鎌倉公演』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

鎌倉能舞台

『能を知る会 鎌倉公演』「野宮」

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

解説&質疑応答付きの能狂言公演で、理解度アップ間違いなし!

公演データ

公演期間 2011年6月5日(日)
会場 鎌倉能舞台
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
PR・解説 源氏物語を題材とした名曲。
野宮の旧跡に立ち寄った旅僧の前に六条御息所の亡霊が現れ、光源氏との出会いの話や葵上との車争いの様を見せ、また物見車に乗って消え去る。
詫び・寂びという言葉が最も似合おう、三番目鬘物きっての大曲です。
ストーリー 旅僧が源氏物語の主要舞台の一つ野宮を訪れる。物語そのままの景色に感動してあたりを眺めていると美女が参詣に来る。女は九月七日の今日、光源氏が六条御息所を見舞に訪れたさまを語り、その幽霊と明して消え失せる。
僧が夜もすがら弔っていると、森の中から車の音がして六条御息所がありし世の姿で現れ、葵祭りでの葵上との車争いのさまを仕方噺に見せ、昔を偲ぶ舞を月下に舞い、火宅の門を出て成仏の行末を暗示して去る。
スタッフ 尾島政雄、大蔵吉次郎、大蔵教義、中森貫太、五木田三郎、野口敦弘、野口琢弘、柿原弘和、幸正昭、栗林祐輔、駒瀬直也、奥川恒治、古川充、佐久間二郎、坂真太郎、桑田 貴志、中森健之介、
キャスト 解説「源氏物語と能(賀茂祭)」尾島政雄
狂言「鬼瓦(おにがわら)」大蔵吉次郎 他
能「野宮(ののみや)」朝の部シテ 中森貫太、昼の部シテ 五木田三郎
質疑応答 中森貫太
お問い合わせ 鎌倉能舞台
0467-22-5557
webmaster@nohbutai.com
鎌倉能舞台HP

チケット発売日

2011年3月10日(木)

入場料金

自由席5,500円(税込)

プラス千円で座席のご予約を承ります。座席指定の予約ご希望の方は鎌倉能舞台事務所宛にお電話でお申し込みください。
鎌倉能舞台の座席表はこちら http://www.nohbutai.com/contents/01/2/kamakura_2011.pdf

チケット発売窓口

鎌倉能舞台 0467-22-5557
チケット、郵送いたします!

プラス千円で座席の指定を承ります。詳細は鎌倉能舞台事務局までお電話ください。

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp
6月5日朝の部チケットです

チケット販売サイトへ

イープラス 6月5日昼の部チケットです

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演の30分前から販売いたします
割引情報 鎌倉能舞台友の会会員、団体(10名以上) 割引あり

公演日程

2011年6月5日(日)

上演時間 2時間半

2011年6月

5
  • 休演
6 7 8 9 10 11

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=20147

トラックバック一覧