セルリアンタワー能楽堂『オペラ@能楽堂Vol.1 アクテオン/リヴィエッタとトラコッロ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

セルリアンタワー能楽堂

『オペラ@能楽堂Vol.1 アクテオン/リヴィエッタとトラコッロ』〜能・狂言の様式でバロックオペラを〜

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年6月18日(土)〜6月26日(日)
会場 セルリアンタワー能楽堂
〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1-B2F
PR・解説 セルリアンタワー能楽堂で「オペラ@能楽堂」シリーズを始めます。 第一回目は、フランスとイタリアのバロックオペラを取り上げます。

ヨーロッパと日本で16世紀末から17世紀にかけて、ほぼ同時期に発展してきたバロックオペラと能楽。双方とも宮廷や大名などの保護のもとで発展してきた文化で、多くの類似点を見付けることができます。その類似点をうまく融合し、新しい形のオペラを作り出していこうという試みです。

プロダクションホームページ
http://nohtheatre.web.fc2.com/index.html

【チケット発売】
2011年3月18日(金)10:00〜
Bunkamuraチケットセンター03-3477-9999
チケットぴあ0570-02-9999(Pコード132−810)
東京文化会館チケットサービス03-5685-0650
セルリアンタワー能楽堂03-3477-6412(平日9:30〜18:00、土日祝14:30〜17:30)


【キャスト&スタッフ】
音楽監督 桐山建志
企画・演出 伊香修吾

キャスト
「リヴィエッタとトラコッロ」
臼木あい(リヴィエッタ)
善竹富太郎(トラコッロ)

「アクテオン」
櫻間右陣(能舞)

野々下由香里(ソプラノ)
波多野睦美(メゾソプラノ)
上杉清仁(カウンターテノール)6/24, 6/25, 6/26
安冨泰一朗(テノール)6/18
根岸一郎(バリトン)

演奏
桐山建志(ヴァイオリン)
大西律子(ヴァイオリン)6/18, 6/24, 6/26
鍋谷里香(ヴァイオリン)6/25
西沢央子(チェロ)
森綾香(オーボエ)
広沢麻美( チェンバロ)
松田弘之 (能管)

※都合により公演の一部(出演者・曲目等)を変更する場合がございます。ご了承ください。
ストーリー 狂言風オペラ『リヴィエッタとトラコッロ』ペルゴレージ(1710年〜1736年)[Livietta e Tracollo]Giovanni Battista Pergolesi
若い娘リヴィエッタはトラコッロに復讐する機会を狙っています。この泥棒兼詐欺師はリヴィエッタの兄に盗みを働いた上、半殺しにしたのでした。リヴィエッタの罠にかかって盗みの現場を押さえられたトラコッロは、彼女との結婚を持ち出して何とかその場から逃げ出しますが、すぐにまた捕まってしまいます。往生際の悪い男を前に女がもう一芝居打つと・・・。男女関係の不条理さすら感じさせる幕間喜劇の傑作です。

《ペルゴレージって?》
2011年は、作曲家ペルゴレージ[1710年-1736年]の生誕301年記念!?
1710年イタリア生まれ。「リヴィエッタとトラコッロ」は幕間喜劇として1734年に作曲されました。
彼は26年という短い生涯のうちに「奥様女中」などの傑作を生み出し、
生誕300年記念の2010年には世界各地で数多くの公演が行われました。


櫻間右陣In『アクテオン』 シャルパンティエ(1643年〜1704年)[Actéon] Marc-Antoine Charpentier
仲間と連れ立って森へ狩りに出かけたテーベの若者アクテオンは、泉のほとりで狩りの女神ディアナがニンフたちと水浴する姿をのぞいてしまいます。怒ったディアナはアクテオンを鹿の姿に変え、若い狩人は水に映る自分の変わり果てた姿を見て嘆き悲しむのでした。そこへ仲間の狩人と猟犬たちが彼を探しに現れて・・・。神話に題材を採った、少し残酷でほろ苦い余韻を残す悲劇です。

《作曲家・シャルパンティエとは?》

1643年パリ生まれ。バロック音楽を学びにイタリアへ留学し、
フランス帰国後はギーズ公爵夫人マリーに楽長および歌手として、
彼女が没する1688年まで仕えました。この間に宗教曲や芝居のための音楽など数多くの曲を書き、
そのひとつの「アクテオン」は1684年に作曲されています。その後は教会の楽長や音楽教師を務め、
1704年没。
スタッフ 音楽監督 桐山建志
演出 伊香修吾
キャスト 「リヴィエッタとトラコッロ」
臼木あい(リヴィエッタ)
善竹富太郎(トラコッロ)

「アクテオン」
櫻間右陣(能舞)

野々下由香里(ソプラノ)
波多野睦美(メゾソプラノ)
上杉清仁(カウンターテノール)6/24, 6/25, 6/26
安冨泰一朗(テノール)6/18
根岸一郎(バリトン)

演奏
桐山建志(ヴァイオリン)
大西律子(ヴァイオリン)6/18, 6/24, 6/26
鍋谷里香(ヴァイオリン)6/25
西沢央子(チェロ)
森綾香(オーボエ)
広沢麻美( チェンバロ)
松田弘之 (能管)
お問い合わせ セルリアンタワー能楽堂
03-3477-6412
info.opera.at.noh.theatre@gmail.com
オペラ@能楽堂Vol.1 

チケット発売日

2011年3月18日(金)

入場料金

S正面8,500円/A脇正面8,000円/A中正面8,000円/学生券5,500円(全席指定・税込)

※学生券は、セルリアンタワー能楽堂でのみ扱い(要学生証)
※未就学児童は入場不可。

チケット発売窓口

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:132-810

チケット販売サイトへ

Bunkamuraチケットセンター 03-3477-9999
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
セルリアンタワー能楽堂 03-3477-6412
平日9:30-18:00、土日祝 14:30-17:30
当日券情報 セルリアンタワー能楽堂で発売

公演日程

2011年6月18日(土) 〜 6月26日(日)

2011年6月

12 13 14 15 16 17 18
  • 14:00
  • 19:00
  •  
19 20 21 22 23 24
  • 19:00※
  •  
  •  
25
  • 14:00
  • 19:00
  •  
26
  • 13:00
  •  
  •  
27 28 29 30    
※終演後、トークを予定しております。
■開演20分前より解説があります。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=20197

トラックバック一覧