NPO法人鳥の劇場『小鳥の学校<創る部>発表公演 森は生きている』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

NPO法人鳥の劇場

鳥の劇場2010年度プログラム<試みるプログラム>

『小鳥の学校<創る部>発表公演 森は生きている』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年3月27日(日)
会場 鳥の劇場
〒689-0405 鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1812-1
PR・解説 自分で考える、創る子どもを育てるささやかな場になればとの願いから「小鳥の学校」を企画しました。詩、演劇、音楽、美術の芸術4分野に社会、からだの2分野を加えて、6つの学びの場をつくりました。それらを土台に創ることに挑戦するのが、この「森は生きている」です。子どもと鳥の劇場の大人が真剣に創作に取り組みます。ご期待ください。
ストーリー 雪の降る大みそかの夜。継娘はふぶきの森にマツユキ草を摘みに来る。この国の我儘な女王さまが新年のお祝いに欲しいと言い出し、三月にならねば咲かないマツユキ草を持参した者に褒美を与えるとおふれを出した。そこでいじ悪な継母と姉娘が、素直で気立てのやさしい継娘を森へ行かせたのだ。道に迷った継娘は凍死寸前、十二カ月の精たちが年に一度の集まりに興じている処をみつけた。十二カ月は継娘の話に同情し“三月"の若者が僅かの間、森に呼び寄せた春で、マツユキ草を娘に贈る。同時に小さな指輪を渡し困難が生じた時には、これで我々を呼ぶようにという。ところが継母と姉娘は、継娘が寝ている間に指輪を盗んだ上、マツユキ草を宮殿に届ける。女王さまは御機嫌。しかし継母の話を聞いて、自分で摘みたいと言い出し・・・。
スタッフ 原作:サムイル・マルシャーク 翻訳:湯浅芳子 構成・演出:中島諒人
キャスト 小鳥の学校参加の小中学生11名、鳥の劇場の俳優
お問い合わせ NPO法人 鳥の劇場
0857-84-3268
info@birdtheatre.org
鳥の劇場 

入場料金

大人1,000円/小学生〜高校生500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

NPO法人 鳥の劇場 0857-84-3268
ご予約
電話、ウェブ、電子メールでご予約ください。料金はご来場時にお支払いください。 電話/0857-84-3268 ウェブ/www.birdtheatre.org 電子メール/ticket@birdtheatre.org

チケット販売サイトへ

公演日程

2011年3月27日(日)

2011年3月

27
  • 13:00
  •  
  •  
28 29 30 31    

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=20262

トラックバック一覧