Revolution Dance Performance『ラヴィアンローズ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Revolution Dance Performance

『ラヴィアンローズ』〜ニッコリ笑って血を流そう〜

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

この度の震災により被災された多くの方々に心よりお見舞い申し上げます。一刻も早い大切な方達との再会と、1日も早い生活の復旧を願っています。これからの人生の、そして日本の復興と再建を、共に踏みしめて頑張って行きたいです!

公演データ

公演期間 2011年5月26日(木)〜5月29日(日)
会場 新国立劇場 小劇場
〒151-0071 東京都渋谷区本町 1-1-1
PR・解説 蜷川幸雄、ジョン・ケアードなど構成力の高い演出家が手掛ける舞台において、人間性と演劇的視点を重視しつつ、ポップかつユニークなダンスアレンジを生み出す気鋭のコレオグラファー、広崎うらんが構成・演出・振付・総合プロデュース。おかしく切ないドラマチックな日常のダンスを、幅広い表現力を持ったダンサー達を起用し社会派のテーマを忍ばせ、シュールでポップ、そして可笑しくも美しい舞台へと導いて行く。

REVO結成20周年を迎える今作では2006年、蜷川幸雄のもとオーディションに勝ち残った55歳以上の演劇集団「さいたまゴールド・シアター」より70代、80代をメインに20数名の希望者が参戦!1年間のダンスレッスンと、その後の公演でダンス指導を担当してきた広崎うらんとの深い繋がりから、2007年の「Blue Spring」に続きREVOの舞台に立つ。
ストーリー 「生きることは戦うこと ニッコリ笑って血を流そう」

常日頃から感じ、作品の中で常に「生と死」そして「人生」と言うことを見つめてきた私を、岡本太郎の言葉が力強く後押ししてくれました。今、日本が大きく揺れ、大きな打撃を受け、衝撃的に「生きる」と言うことを噛み締めているこの時に、この舞台が用意されてること、言葉にならない思いです。「生きてることを大切に」その想いを沢山の方と共有したく、公演を実現させるべく最後まで闘いたいと思います。
スタッフ ■構成・演出・振付・制作/広崎うらん ■舞台監督/白石英輔 山田潤一 ■照明/吉川ひろ子 ■音響/井上正弘 ■舞台美術/伊藤雅子 ■音楽/かみむら周平 ■衣装/赤田龍太郎&朝永靖子&広崎うらん ■宣伝美術/東學 ■宣伝写真/新井健太 ■制作協力/CATチケットBOX
キャスト 藤浦功一 中本雅俊 関仁史 佐藤洋介 桜木涼介 柴一平 西田健二 大野幸人 池島優 三枝宏次 箱田あかね ナオミミリアン 松田尚子 池田美佳 皆川まゆむ 木下菜津子 + さいたまゴールドシアター
お問い合わせ CATチケットBOX
03-5485-5999
CATチケットBOX
REVO2011「ラヴィアンローズ」チケット問合せ
info.ticket.revo2011@gmail.com
広崎うらん&REVO
その他
お問い合わせ
広崎うらん個人へのお問い合せ uranhirosaki@gmail.com

チケット発売日

2011年4月1日(金)

入場料金

A席(前売り)5,000円/A席(当日)5,500円/B席(前売り)3,000円/B席(当日)3,500円(全席指定・税込)

*当日券は開演の1時間前に販売予定

チケット発売窓口

カンフェティチケットセンター 0120-240-540
webサイトでの受付(4月1日10:00〜各公演前日23:00)
お電話での受付(平日10:00〜18:00)

チケット販売サイトへ

CATチケットBOX 03-5485-5999
お電話での受付(平日11:00〜18:00)

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演の1時間前に販売予定

公演日程

2011年5月26日(木) 〜 5月29日(日)

上演時間 約1時間30分を予定

2011年5月

22 23 24 25 26
  • 19:00
  •  
  •  
27
  • 19:00
  •  
  •  
28
  • 15:00
  • 19:00
  •  
29
  • 15:00
  •  
  •  
30 31        

みんなの採点

(1人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(1人のコメント)

今、こんな時だからこそ「生きること」を真剣に、でもシュール・ポップに、人間の基本となる「体」を使って表現してくれることを期待してます!

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=20270

トラックバック一覧