いいむろなおき『Yのフーガ'11』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

いいむろなおき

『Yのフーガ'11』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年3月18日(金)〜3月20日(日)
会場 神戸アートビレッジセンター(KAVC)
〒652-0811 兵庫県神戸市兵庫区新開地5-3-14
PR・解説 2008年、いいむろなおき氏が小野寺修二氏との2本立てマイム公演「XとYのフーガ」で上演した作品『Y』。
初演より3年の時を経て、様々なバックグラウンドを持つパフォーマーらとともに新たな作品『Yのフーガ’11』となって帰ってきます。
神戸ゆかりの小説家、稲垣足穂の代表作「一千一秒物語」より、いくつかのシーンをマイムの手法で立ち上げ、原作に漂う不思議な世界を紡ぎ出します。
どうぞご期待ください。

■いいむろなおきコメント
突然、ここが何処なのか、誰なのかもわからず、物語は始まり、ブツリと音を立てるように突然終わる。
まるで暗闇に放りだされたあとの、しばらく目が慣れるまでの時間のような感覚におそわれる。
そんな稲垣足穂の「一千一秒物語」。
ここが何処なのか、この人が誰なのか...そんな事は特に意味がなく、
必要な最低限の情報を浮き彫りにさせる手法は、マイムのそれと近い感覚だ。
友だちがお月様に変わってしまったり、自分を落してしまったり、
流星と格闘したり、ココアの中から笑われたり...
そんな不条理で、可愛らしく、それでいて全てを煙に巻くような「一千一秒物語」のコトバをマイムのカラダに変換します。
夜空の星や月、タバコの煙に無頼漢。
稲垣足穂の文学の世界を7人の身体で描くYのフーガ'11。
さぁ、皆さんも煙に巻かれてみませんか?

いいむろなおき

公演日程

2011年3月18日(金) 〜 3月20日(日)

2011年3月

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=20351

トラックバック一覧