劇団わらく『最期の○○と、それからのこと。』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団わらく

『最期の○○と、それからのこと。』

  • 公演中
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年6月1日(水)〜6月5日(日)
会場 スタジオあくとれ
〒164-0001 東京都中野区中野2-11-2 サン中野マンション B1
PR・解説 いつも いたいと 思ってる。
いっしょに いたいと 思ってる。

どこでも いたいと 思ってる。
いっしょに いたいと 思ってる。

どうして いたいと 思ってる。
いっしょに いたいと 思うから。

なにが いたい。
どのような いたい。

かがやく 遺体を あなたのハートに。
ストーリー 猛暑が続く夏。

地元の不動産王として名高い今村實信が、この世を去った。享年56歳。
事業独立30周年を目前に、新築した御殿で生活することもなく、その人生はあっけなく交通事故によって幕が下ろされた。
妻に先立たれていた實信に残されたのは、一代で築いた財産と3人の姉妹。
長女・りさは、夫・稲葉秀雄と共に海外に居住。
次女・りかは、夫・粟野孝次と共にクリエーターとして多忙を極めていた。
三女・りなは、婚約者・西忠の応援のもと、建築士の資格取得をめざしていた。

葬儀の3日後・・・

大きな悲しみに沈むなか、主のいない御殿に集まる3姉妹。
今村不動産の顧問弁護士・利根敦夫が、父の遺言の封を切ると同時に、遺産分割協議の幕が切って落とされ、子供の頃から何不自由なく育てられた3姉妹の間で、壮絶な遺産相続争いが繰り広げられる・・・はずだった。

しかし、いざ蓋を開けると、相続する遺産は多からず少なからず。

長女・りさと次女・りかは、御殿の建築に携わった三女・りなの婚約者・西に、なにか企みがあるのではないかと疑念を抱く。
端から争いごとには関心のないりなは、父の遺骨を抱いたまま、今後の父をずっと手元において供養したいと、メモリアルグッズ販売業者・茂木乙乃と共に、姉たちを説得にかかる。

疑念と困惑が渦巻く中、テレビ番組の取材班・小出亜子が訪れる。年末の特番で、父の御殿を紹介する。その事前取材にきたと言う。この御殿には、とっておきの部屋があるらしい。新たな財産の隠し部屋かと目を輝かす、りさとりか。

父が昔から付き合いのある地元神社の巫女・大堀なぎ子も、父の代弁をするべくあらわれ、遺産分割協議は思わぬ方向へ・・・

前回に続く、○○シリーズ第2弾。
ちょっとシュールなコメディーを、さらに目指して。
スタッフ 舞台監督 :金安凌平
音響   :岩野直人(ステージオフィス)
照明   :奥田賢太(colore)
舞台美術 :小林奈月
演出助手 :鈴木淳哉(劇団わらく)
宣伝美術 :水谷夏美
制作   :劇団わらく
制作協力 :牧田有未
WEB 管理 :Y嬢
協力   :スタジオフォト・1/演劇企画集団88/ KWAN
        おかっぱ企画/川和恵里賀
キャスト 木村有・長橋佳奈・小島寿美子・内田千明・長沢彩乃
高須誠・勝俣美秋/
米本哲也・前田勝・末森英実子(おかっぱ企画)・山田麻紗沙子
お問い合わせ 劇団」わらく
080-3442-0481
waraku@dear-by.com
公式サイト

チケット発売日

2011年5月1日(日)

入場料金

日時指定・前売・当日3,000円(全席自由・税込)

日時指定割引・2700円
学生割引・2500円

チケット発売窓口

劇団わらく 080-3442-0481

チケット販売サイトへ

割引情報 ・6月2日昼公演は割引あり。通常料金3,000円→2,700円
・学生割引:2,500円

公演日程

2011年6月1日(水) 〜 6月5日(日)

2011年6月

      1
  • 19:00
  •  
  •  
2
  • 14:00☆
  • 19:00
  •  
3
  • 14:00
  • 19:00
  •  
4
  • 14:00
  • 19:00
  •  
5
  • 14:00
  •  
  •  
6 7 8 9 10 11
☆日時指定割引
学生割引もあります。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=20552

トラックバック一覧