green flowers『そう、みじかよ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

green flowers

green flowers vol.10

『そう、みじかよ』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年6月18日(土)〜6月26日(日)
会場 アール・コリン
〒167-0051 東京都杉並区荻窪3-47-18 第5野村ビル1F
PR・解説 green flowers10周年第10回公演!

ほぼレギュラーメンバーの客演陣を迎え、気合い十分でグリフラがお届けするのは
なんてことのない家族の話。
ストーリー みじかよ【短夜】
その短さ、儚さを惜しむ気持ちから夏の夜をよんだ季語。

線香のにおいは
はじめてのようななつかしいような
笑いたいような泣きたいような
ざわざわと、でも静かに明けていくのは
そう、みじかよ


6月のある日。
実家に帰ってきた天川家三きょうだい。
いい歳してフリーターの長女。
母の同僚の小学校教員と結婚した次女。
葬儀屋で働く長男。


最近お母さんは帰って来ても電話ばっかり。
学校と、シマダっていうおじいさんからの電話。
こないだ、美哉が怪我をして帰って来た日なんか、
お母さんの学校に電話してもいなくって、そのあとも全然帰って来なくって、
美哉が泣きながら寝ちゃった頃に帰って来た。
いつもよりずっと遅い時間。
シマダって人のお家で、そこの家族と話してたんだって。
お母さんのクラスの人のお家で、大変なんだって。
美哉、いっぱい血が出て、私は美哉が死んじゃうかって思ったんだ。
お母さん、美哉に謝ってたけど、私は許せない。
お母さんもお母さんの学校もシマダっていうおじいさんも。
スタッフ 舞台美術 吉野章弘
照明 佐々木真喜子(株式会社ファクター)
音響 穴沢淳
衣裳 koco
舞台監督 小川信濃
写真撮影 森田貢造
HP制作 野澤秀貴
制作 green flowers
協力 アールコリン/演劇集団 円/松竹衣裳株式会社
キャスト 吉舎聖史(サラエンターテイメント)
小泉康介
さとうゆい
高井康行(Q/on)
鍋嶋大輔
松本舞(仕事)

チケット発売日

2011年4月20日(水)

入場料金

前売2,500円/当日2,800円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

green flowers 090-6080-0668
劇団公式ホームページチケット申し込み、問い合わせフォーム
http://g-flowers.com/special/contact/

チケット販売サイトへ

公演日程

2011年6月18日(土) 〜 6月26日(日)

2011年6月

12 13 14 15 16 17 18
  • 19:00
  •  
  •  
19
  • 14:00
  •  
  •  
20
  • 19:00
  •  
  •  
21
  • 19:00
  •  
  •  
22
  • 14:00
  • 19:00
  •  
23
  • 14:00
  • 19:00
  •  
24
  • 19:00
  •  
  •  
25
  • 14:00
  • 19:00
  •  
26
  • 14:00
  •  
  •  
27 28 29 30    
受付開始、開場は、開演の30分前になります。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=20717

トラックバック一覧