横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテ『子供騙し』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテ

泉区民劇場

『子供騙し』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

年老いた男が
微妙でホノカナ恋心を
抱いた

公演データ

公演期間 2011年6月17日(金)
会場 泉区民文化センター テアトルフォンテ ホール
〒245-0016 神奈川県横浜市泉区和泉町3511-9
PR・解説 「子供騙し」は02年と04年〜05年にかけて全国各地で上演された。
ほのかで、切なく、ロマンチックな物語が二転三転しながら展開し、笑いが随所に散りばめられ、好評を博す。
たんたんと毎日が過ぎる中、ほんの少し感じる喜びや哀しさを、演じる三人の役者の"人生"が醸し出していた。
今は亡き緒方拳さんも出演者の一人であった。
そして2011年、篠井英介、冨樫真の二人に高橋長英が加わり、新たなアンサンブルで"子供騙し"が繰り広げられる――――
ストーリー 舞台は田舎のひなびた理髪店。夜の7時過ぎ、営業を終えた店内で、従業員の佳子が店主の倉田の髭を当たっている。佳子がこの店で働くようになって一月半、倉田にとって彼女の存在が密かな喜びとなりつつあった。佳子と二人きりで過ごすひとときに、胸がいっぱいの様子だが、店の外は濃い霧が立ち込め、何かが起こりそうな予感・・・。するとそこに、店の扉を開け一人の男が入ってきた。霧が晴れるまで休ませてほしいと言うが、どうも様子がおかしい。普通の勤め人ではなさそうだ。やがて霧が晴れ、男は出て行くが、なぜか怯えている佳子。戻ってきた男が話したのは、意外な事実だった・・・。
スタッフ 美術/松野潤
照明/五十嵐正夫(シアター・ブレーン)
音響/原島正治
舞台監督/小笠英樹
宣伝写真/塩谷安弘
宣伝美術/立川明
プロデューサー/岡田潔
企画制作/トム・プロジェクト
主催/横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテ(指定管理者 神奈川共立・山武 共同事業体)
キャスト 高橋長英
篠井英介
冨樫真
お問い合わせ 横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテ
045-805-4000
mail@theatre-fonte.com
テアトルフォンテ ウェブサイト
相鉄いずみ野線「いずみ中央」下車徒歩すぐ

チケット発売日

2011年4月17日(日)

入場料金

一般券3,500円/フォンテチケット3,000円(全席指定・税込)

※フォンテチケット:泉区民・18歳以下・65歳以上・障碍者の方を対象とした割引制度です。お一人様2枚まで。購入時に保険証・免許証・学生証・障害者手帳など、住所や年齢等を証明できるものを窓口にお持ちください。
※未就学児の入場はご遠慮ください。

チケット発売窓口

横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテ 045-805-4000

チケット販売サイトへ

カンフェティ 要登録(無料)

チケット販売サイトへ

公演日程

2011年6月17日(金)

上演時間 約100分予定

2011年6月

12 13 14 15 16 17
  • 19:00○
  •  
  •  
18

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=20842

トラックバック一覧