劇団桟敷童子『オバケの太陽』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団桟敷童子

『オバケの太陽』…ソノ太陽ハ沈マナイ…ソノ太陽ハ夢ヲ見ル…

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

轟音!桟敷童子がやって来る!
オープニングからド肝を抜く大仕掛け!

公演データ

公演期間 2011年6月15日(水)〜6月26日(日)
会場 すみだパークスタジオ(倉)
〒130-0003 東京都墨田区横川1-1-10
PR・解説 劇団桟敷童子は昨年7月公演『蟹』で、バッカーズファンデーション演劇激励賞・作品賞を受賞致しました!!
その桟敷童子の約一年ぶりの新作『オバケの太陽』は、『泥花』(2006年初演、2008年再演)に続く“炭鉱三部作”の第2楽章です。
劇団の総力を結集し、心揺さぶる劇世界をお届けします。どうぞご期待下さい。
皆様のお越しをお待ちしております。
前回も好評をいただきました特別企画が今回公演にも登場!
バックステージツアーやアフタートーク、桟敷童子の軌跡を上映するなど盛りだくさんの企画でお届けします。是非この機会に桟敷童子の世界観をお楽しみ下さい!!
ストーリー ここは、かつて炭鉱町として栄えた場所…そこに暮らす人々のかけがえのない
ひと夏が過ぎてゆく…一面に咲き乱れる向日葵がやさしく見守る中描かれる、
人間の心の成長の物語…
スタッフ 作:サジキドウジ 演出:東憲司 美術:塵芥 照明:Jimmy 照明操作:(株)FREE WAY チラシ画:横岳由紀子
チラシデザイン:山田武 写真:浅香真吾 制作:劇団桟敷童子事務所
【主催】劇団桟敷童子 【助成】文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)
キャスト 原口健太郎 板垣桃子 池下重大 稲葉能敬 鈴木めぐみ 外山博美 川原洋子 桑原勝行 山本あさみ もりちえ
新井結香 中井理恵 椎名りお 大手忍 深津紀暁 井上昌徳
お問い合わせ 劇団桟敷童子
03-3375-8288
s-douji@imail.plala.or.jp
劇団桟敷童子ホームページ

チケット発売日

2011年5月8日(日)

入場料金

指定席3,500円/一般3,000円/学生2,500円/墨田区民2,500円(税込)

チケット発売窓口

劇団桟敷童子 03-3375-8288
http://www8.plala.or.jp/s-douji/

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:409-883
自由席前売一般のみ販売(整理番号付き)
e+(イープラス)
eplus.jp
自由席前売一般のみ販売(整理番号付き)

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前から受付にて販売。
お日にちによりキャンセル待ちになる可能性がございます。
予め劇団事務所までご連絡ください。(劇団TEL 03-3375-8288)
割引情報 学生・墨田区民の方は受付にて学生証・または証明書をご提示下さい)

公演日程

2011年6月15日(水) 〜 6月26日(日)

上演時間 約1時間45分

2011年6月

12 13 14 15
  •  
  •  
  •  
  • 19:30
16
  •  
  •  
  • 19:00◎
17
  •  
  •  
  • 19:00B
18
  • 13:00
  • 18:00B
  •  
19
  • 13:00
  •  
  •  
20
  •  
  •  
  •  
  • 19:30☆
21
  •  
  •  
  • 19:00◎
22
  • 13:00
  •  
  • 19:00☆
23
  •  
  •  
  • 19:00B
24
  •  
  •  
  • 19:00◎
25
  • 13:00
  • 18:00
  •  
26
  • 13:00
  •  
  •  
27 28 29 30    
◎…談話会(東憲司を囲んで突撃談話会開催! 劇作・稽古秘話公開) 
B…バックステージツアー(桟敷童子の舞台裏全て見せます!)
☆…上映会(旗揚げからの軌跡、特別上映会開催)

全て終演後開催します

昨年7月公演『蟹』で、バッカーズファンデーション演劇激励賞・作品賞を受賞した桟敷童子の約一年ぶりの新作『オバケの太陽』は、『泥花』(2006年初演)に続く“炭鉱三部作”の第2楽章!
劇団の総力を結集し、心揺さぶる劇世界をお届けします。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=20852

トラックバック一覧