壱組印『さすらいアジア』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

壱組印

『さすらいアジア』〜人類の創世〜

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年6月22日(水)〜6月29日(水)
会場 ザ・スズナリ
〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15
PR・解説 今回は、久々に座長・大谷亮介が脚本を手掛けます。
壱組印が大谷作品を上演するのは、05年の『種の起源』以来、実に6年ぶりです。
猿山に暮らす“人間より人間らしい”猿たちの騒動を、
面白おかしく描きながらも、人生(猿生!?)について問いかける、浪花人情猿芝居。

本作では日本の猿山を舞台にしながらも、
インドの叙事詩『マハーバーラタ』から喚起されたシーンが
取り入れられているのも見所のひとつです。

ゲストには、カムカムミニキーナ主宰の松村 武さん、
数々のミュージカルなどで活躍中の土居裕子さん、
南河内万歳一座の注目株・重定礼子さんをお迎えいたします。

大谷と松村さんの2人で行われる演出にも注目です!

猿×関西弁×アジアテイスト…?一体どんな作品になるのかどうぞご期待ください!
ストーリー 嗚呼…
なぜ賢くないのか…

常にビックリ仰天しているくせに真実を見ず
学ぶことを忘れ、学ばぬ術を覚え
いつしか嘘だけがうまくなる。
だんだんわかると思っていたのに
どんどんわからなくなり
わからなくなってきていることだけが
よぉくわかるようになってくる芝居。
果たして神は、この世に人類を
創り出すことが出来たのか?

ダーウィンの進化論に真っ向勝負を挑む
衝撃の問題作!!
スタッフ 作/大谷亮介  演出/大谷亮介、松村 武  
音楽/野田晴彦  振付/本間憲一  歌唱指導/満田恵子
美術・舞台監督/野口 毅  舞台監督/金子晴美  照明/富松博幸  音響/二木くみ子  
衣裳/三茶小町  ヘアメイク/近藤澄代  演出助手/山田 翠  
プロデューサー/有本佳子  制作/プリエール  助成/芸術文化振興基金
キャスト 松村 武(カムカムミニキーナ)/土居裕子/重定礼子 (南河内万歳一座)
草野とおる/大塚健司/大谷亮介
お問い合わせ プリエール
03-5942-9025
info@priere.jp
壱組印オフィシャルサイト
毎日ブログを更新しています。
★稽古場日誌★http://ichikumi.net/

チケット発売日

2011年5月17日(火)

入場料金

椅子指定席4,200円/ベンチ自由席3,900円(税込)

チケット発売窓口

プリエール 03-5942-9025

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:411-459

チケット販売サイトへ

カンフェティ 0120-240-540

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2011年6月22日(水) 〜 6月29日(水)

上演時間 約2時間
*変更の可能性あり

2011年6月

19 20 21 22
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
23
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
24
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
25
  • 13:00
  •  
  • 18:00
26
  •  
  • 14:00
  •  
27
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
28
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
29
  •  
  • 14:00
  •  
30    

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=20915

トラックバック一覧