公益財団法人びわ湖ホール『Noism1「OTHERLAND」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

公益財団法人びわ湖ホール

ダンスカンパニーNoismの魅力を堪能できる豪華なプログラム。

『Noism1「OTHERLAND」』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

『Psychic』には2009年春以来約2年ぶりに金森穣自身が出演。

アフタートークにBATIK主宰・振付家・ダンサーの黒田育世の出演が決定。

公演データ

公演期間 2011年6月18日(土)
会場 滋賀県立芸術劇場(びわ湖ホール)
〒520-0806 滋賀県大津市打出浜15番1号
PR・解説 世界で高い評価を受けている、日本唯一の劇場専属ダンスカンパニーNoismが
5年ぶりにびわ湖ホールに登場。

Noism外部から振付家を招いての新作2作品に加え、Noism芸術監督 金森穣の
レパートリー1作品を金森穣自ら出演して上演。

ダンスカンパニーNoismの魅力を堪能できる豪華なプログラム。
ストーリー 演出・振付:稲尾芳文&クリスティン・ヨット・稲尾、アレッシオ・シルヴェストリン、金森穣
出演:Noism1

Noismが2007年に発表した『W-view』以来、約4年ぶりにNoismの外部から振付家を招いての新作クリエーション『OTHERLAND』。
ゲスト振付家2組による新作に加え、Noism芸術監督・金森穣が2009年に発表した
『ZONE〜陽炎 稲妻 水の月』より『Psychic』を再振付して上演いたします。

ゲスト振付家の稲尾芳文&クリスティン・ヨット・稲尾は、2006年のNoism外部振付家招聘企画第2弾『TRIPLE VISION』で『Siboney』を振付、アレッシオ・シルヴェストリンは、2005年のNoism外部振付家招聘企画第1弾『Triple Bill』で『DOOR INDOOR』を振付しています。
時を経てさらに磨きがかかったダンサーたちと振付家が切り開く新たな地平をご覧いただけます。

また、『Psychic』には2009年春以来約2年ぶりに金森穣自身が出演します。

Noismの魅力を堪能できる豪華なプログラムをお見逃しなく。



ゲスト振付家がNoism1メンバーと共に切り開く大地は、金森穣とNoismによるものとは“異なる大地”、NoismによるOTHERLANDを開示する。招聘する2組の振付家が極めて異なる身体性、そして世界観をもった振付家であることにより、金森穣と異なるだけではない、“舞踊芸術の多面性”をNoismという1つの舞踊集団を通して開示する。そしてそれは同時に、“劇場専属舞踊団の多面性”をも開示する。

りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 舞踊部門芸術監督/Noism芸術監督 金森穣
キャスト Noism1: 井関佐和子 宮河愛一郎 藤井泉 櫛田祥光 中川賢 青木枝美 真下恵 藤澤拓也 後田恵 計見葵 宮原由紀夫
お問い合わせ びわ湖ホールチケットセンター
077-523-7136
びわ湖ホールホームページ

チケット発売日

2011年4月3日(日)

入場料金

一般4,000円/青少年(25歳未満)1,500円(全席指定・税込)

友の会会員は500円引き(青少年を除く)

チケット発売窓口

びわ湖ホールチケットセンター 077-523-7136
10:00〜19:00 毎週火曜日休館(休日の場合は翌日)

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:410-532

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-000-777
0570-084-005
Lコード:59484

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2011年6月18日(土)

上演時間 約110分 (休憩含む)

2011年6月

12 13 14 15 16 17 18
  • 17:00
  •  
  •  
アフタートークにBATIK主宰・振付家・ダンサーの
黒田育世さんの出演が決定しました。
金森さんとの振付家ならではのトークをお楽しみに。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=21083

トラックバック一覧