椿組『けもの撃ち』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

椿組

2011年夏 花園神社野外劇

『けもの撃ち』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年7月15日(金)〜7月24日(日)
会場 花園神社
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-3
PR・解説 「土を活かした野外劇を」 竹重洋平
今年で二十六年目になる椿組花園野外劇の魅力など、今さら挙げるまでもないが、新参者の身としては、よく心得るべき点である。
代表的なものを述べれば、やはり、ビールを飲みながらの観賞がOKの懐の深さ。魚も踊るほど暑苦しい異次元のような客席の一体感。
時にテントに当たって鳴る嫉妬深い雨音のしらべ。そして何といっても、あらゆる文化文明の原動力となってきた、本物の土だろう。
劇場公演では体験出来ないそれらの醍醐味も、活かさなければ邪魔になりうる産物で、気取ったゲージュツでも披露しようもんなら、
アッという間に掻き消されてしまう熱気がある。そこが好きだ。
「いかに土を隠さずやるかだ―」そう、プロデューサーは仰せられた。
その自然に対する畏敬の念は、本作の題材とどこかリンクするものがあるかもしれない。
この物語は、大正時代に起きた、人食い熊による食害事件がモチーフになっている。
いつどこから襲い掛かってくるか分からない自然や野生の猛威は、いつの時代も我々人間を脅かしてきた。
そんな死への恐怖に抗って、もつれ始める滑稽無様な人間模様。
さあ、人里に下りてきた獣と孤高のマタギの壮絶な戦いを通じて、野外でなければ観ることのできない、馬鹿に威勢のいい芝居を御覧にいれましょう。
ビールとうちわを両手に、目がテンになってくれたら幸いです。
ストーリー 大正初期。
東北の山間部にある小さな宿場町で、ある日、女郎屋に勤める女が惨死体で発見される。警察や自警団は未曾有の惨殺事件に気を呑まれるが、その死体のあまりにも惨たらしい残骸から惨殺は人間の仕業では無く「山に棲む鬼が下りてきた―」と怪異の流言が飛び交い、人心の混乱を呼ぶ。町人達の不安をあざ笑う様に、惨殺死体は次々と発見される。人喰い鬼の恐怖に慄き、機能を失っていく町。
町長は、山の上で孤高に暮らす老マタギに救いを求める。
勇敢なマタギ衆によって町の警備と鬼の狩猟が図られるが、解決の糸口がみつからないまま悪戯に月日が経過。
いつまで経っても鬼の正体が掴めないことに苛立ちを隠せないマタギ衆は、「これは、山の掟を破り風土を乱す町人らのせいだ―」と、彼らの強欲を戒め始める。
しかし町人らは町人らで、マタギ衆の失態続きに痺れを切らし「人喰い鬼の正体は、町人の生活を妬んだマタギ衆の仕業ではないか?」という不気味な噂を流し、疑念の思いに翻弄されていく。
やがて双方の間で深刻な争いが展開して・・・・
そんな人間界の争いをあざ笑うかの如く、巨大な人食い熊が吠えていた!!
スタッフ 作・演出:竹重洋平
主題歌:友川カズキ
照明:沖野隆一(RYU CONNECTION)/美術:加藤ちか/音響:青蔭佳代(音スタ)/音楽:友川カズキ・石塚俊明・永畑雅人
殺陣:栗原直樹(WGK)/衣裳:小原敏博/振付け:鈴木拓朗(chairoi PURiN) /演出助手:平野智子
舞台監督:松下清永+鴉屋/舞台部:松本淳一・桑原淳・野口研一郎・佐藤昭子・中野聡/テント設計:大塚聡
テント舞台協力:吉木均・沖田乱・外波山流太・マサノソウ/ケイタリング:ASAMI
制作票券:佐藤希(Andem)・一ツ橋美和(少年社中)/宣伝美術:黒田征太郎・長友啓典・中村健+K2
キャスト 出演:山本亨・各務立基(花組芝居)・恒松敦巳・田渕正博・木下藤次郎・松本紀保・井上カオリ・長嶺安奈・李峰仙・岡村多加江・
犬飼淳治(扉座)・伊藤新(ダミアン)・平塚真介・鈴木幸二・亀田真二郎(東京パチプロデュース)・山森大輔(文学座)水谷悟・瀬戸純哉(劇団離風霊船)土田卓(弾丸MAMAER)・鳥越勇作・宮本翔太・趙徳安・武田智弘(流山児★事務所)・小林大輔(東京パチプロデュース)・西村聡・藤川恵梨(劇団NLT)・勝島乙江(青年座)田仲晶(弾丸MAMAER)染谷恵子(弾丸MAMAER)・浜野まどか・瀬山英里子(渋谷ハチ公前)・今井夢子・徳留香織・河原杏子・新田えみ・辻親八・下元史朗・外波山文明 
お問い合わせ 椿組
03-3202-1350
tubakigumi@nifty.com

チケット発売日

2011年6月1日(水)

入場料金

指定席4,500円/前売自由席4,000円/当日4,300円(税込)

指定席は前列3列中央寄り限定60席・椿組のみ取扱い

チケット発売窓口

椿組 080-5464-1350
椿組ホームページ予約 http://homepage2.nifty.com/tubakigumi/index.htm
椿組PC予約ページ  https://ticket.corich.jp/apply/27187/
椿組携帯予約ページ http://ticket.corich.jp/apply/27187/

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:412-080
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2011年7月15日(金) 〜 7月24日(日)

上演時間 約2時間

2011年7月

10 11 12 13 14 15
  •  
  • 19:00
  •  
16
  •  
  • 19:00
  •  
17
  •  
  • 19:00
  •  
18
  •  
  • 19:00
  •  
19
  •  
  • 19:00
  •  
20
  •  
  • 19:00
  •  
21
  •  
  • 19:00
  •  
22
  •  
  • 19:00
  •  
23
  •  
  • 19:00
  •  
24
  •  
  • 19:00
  •  
25 26 27 28 29 30
開場は開演の30分前

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=21101

トラックバック一覧