Real Chikamatsu 巣林舎『義経土藏相模』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Real Chikamatsu 巣林舎

第9回公演in品川宿

『義経土藏相模』近松門左衛門「殩静胎内捃(ふたりしずかたいないさぐり)」より

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年6月22日(水)〜7月3日(日)
会場 楽間
〒140-0001 東京都品川区北品川1-28-11
PR・解説 東海道四百年の歴史を誇る品川宿『楽間』にての芝居
鬼才鈴木正光が綴るは人間の喜怒哀楽
鮮やかに蘇る近松の世界
品川宿を舞台に紡がれるは人と人との情の糸
ご来場、お待ち致し候
ストーリー 源平の戦いは源氏の勝利で終わった。源義経は平宗盛を捕らえ護送するが、兄頼朝の家来、梶原の義経に対する深い嫉妬、虚言によって鎌倉入りはならず、腰越で追い返された。頼朝は義経の謀反を疑い、梶原を義経追討に向かわせた。落人となった義経・弁慶主従は奈良の吉野山に籠り、奥州平泉への脱出を図る。そこで、義経に付き添う者を弁慶の発案である「入れ札」で決めた。
そんな折、梶原率いる武将たちが、義経主従を襲う。静は捕らえられるも弁慶の働きで一向は奥州の安宅の関に向かった。
一方、「入れ札」に洩れた大津次郎は、女房凛が取り仕切る北品川の旅籠「土藏相模」に戻り、臨月となった凛の産を待つ。そこに、梶原に捕えられ、義経の子を胎内に宿した産旅籠静が現れる。
静と凛の二人の赤子の行く末が、今、ここ旅籠「土藏相模」の部屋で繰り広げられる!
スタッフ 【台本・演出】鈴木正光【協力スタッフ】田中伸幸、阿部康子、松沢貴子、酒見篤志、中村嘉夫、渚みちよ
キャスト 岡本正巳(文学座)、新勝洋(巣林舎)、飯塚弘貴(巣林舎)、南一恵(文学座)、渡部璃佳(prism station)、小林咲子(フリー)、相馬一貴(演劇集団円)、田海祐希(日本工学院専門学校)、岩田奈々(日本工学院専門学校)、武江美嘉(和太鼓)
お問い合わせ 守半企画
03-3737-7446
info@morihan.co.jp
Real Chikamatsu 巣林舎 公式ブログ

チケット発売日

2011年5月17日(火)

入場料金

一般1,500円/学生1,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

守半企画 03-3737-7446
電話は平日10時〜17時。FAX.03-3730-3428。MAIL.info@morihan.co.jp。お名前、連絡先、希望日時、枚数、お知り合いのキャスト・スタッフ名を明記して下さい。
当日券情報 開演30分前より劇場にて販売

公演日程

2011年6月22日(水) 〜 7月3日(日)

2011年6月

19 20 21 22
  • 19:00
  •  
  •  
23
  • 14:00
  • 19:00
  •  
24
  • 14:00
  • 19:00
  •  
25
  • 14:00
  • 17:00
  •  
26
  • 14:00
  • 17:00
  •  
27
  • 14:00
  • 19:00
  •  
28
  • 14:00
  • 19:00
  •  
29
  • 14:00
  • 19:00
  •  
30
  • 14:00
  • 19:00
  •  
   

2011年7月

          1
  • 14:00
  • 19:00
  •  
2
  • 14:00
  • 17:00
  •  
3
  • 14:00
  •  
  •  
4 5 6 7 8 9
平日14時・19時、土日14時・17時(但し、初日は19時のみ、千秋楽は14時のみ)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=21105

トラックバック一覧