(財)現代人形劇センター『ラオス国立人形劇場初来日公演』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

(財)現代人形劇センター

シリーズアジアの人形芝居part11

『ラオス国立人形劇場初来日公演』ラオスの森から精霊たちがやってくる

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年11月19日(土)
会場 アサヒアートスクエア
〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋1-23-1アサヒスーパードライホール4F
PR・解説 アジア各地の魅力的な人形芝居を紹介するシリーズは11回を迎え、初の現代人形劇「ラオス国立人形劇場」です。ラオス国立人形劇場は首都ヴィエンチャンにあって、人形劇を通した教育活動や、伝統文化の見直しなど、多彩な活動を行っています。その中にあって、ひときわユニークな存在が、今回来日する「カボーン・ラーオ」です。彼らはフランスから学んだ人形劇の新しいスタイルにインスピレーションを得ながらも、身近な自然資材や生活用具を駆使し、独自の手法を持って、ラオスの人たちの精神世界を描き出しています。それらのオリジナリティ溢れる作品は、近年ヨーロッパでも高い評価を受けています。
ストーリー 現代のラオスの農村の貧しい老夫婦のお話。毎夜、精霊(ピー)が現れては遊び、そしてある夜明け、二人は静かに精霊に誘われ、希望に満ちて死地へと旅立ちます。全体は老夫婦のお話。7つの場面で構成されます。言葉のない世界・・・人形と人間とケーンの生演奏による、詩的でありながらどこかユーモラスな世界です。
スタッフ 作=ルートマニー・インシシェンマイ(カボーンラーオ)/演出=ルートマニー・インシシェンマイ(カボーン・ラーオ)/美術=ルートマニー・インシシェンマイ(カボーン・ラーオ)
キャスト カボーン・ラーオ(ラオス国立人形劇場)
お問い合わせ (財)現代人形劇センター
044-777-2228
asia@deaf-puppet.or.jp
現代人形劇センター

チケット発売日

2005年8月20日(土)

入場料金

一般前売り3,500円/一般当日4,000円/学生前売り3,000円/学生当日3,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

(財)現代人形劇センター 044-777-2228

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:363-921

公演日程

2005年11月19日(土)

上演時間 約2時間

2005年11月

13 14 15 16 17 18 19
  • 14:00
  • 18:30
  •  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2128

トラックバック一覧