北九州芸術劇場『IRON』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

北九州芸術劇場

北九州芸術劇場×飛ぶ劇場 共同製作

『IRON』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年10月7日(金)〜10月10日(月・祝)
会場 北九州芸術劇場
〒803-0812 福岡県北九州市小倉北区室町1丁目1-1-11
PR・解説 胸焦がす脱走劇、再臨。
1999年に飛ぶ劇場で初演され、第44回岸田國士戯曲賞最終候補作となった「IRON(アイアン)」を当劇場との共同製作で、満を持しての再演。
日本と朝鮮半島の間に位置し、戦後のどさくさにまぎれて日本から独立した島国「糧流(カテル)」。主産業は鉄鋼業であるが、国民は50年間に渡る鎖国政策の行き詰まりによって貧困と飢餓に苛まれていた。その島国の最大の娯楽は「卓球観戦」。国設卓球部を舞台に国家と個人との狭間で揺れ動く選手たちの人間模様を描く。
ストーリー 太平洋戦争後、日本から独立した国家「糧流島(かてるじま)」。国民のほとんどが主な産業である鉄鋼労働に従事しているが、60年間に渡る実質的な鎖国政策によって経済は行き詰まり、国民は貧困と飢餓に苛まれていた
そんな生活のなか国技である卓球の選手は国から特待労働者として優遇されていた。しかし彼らの関心は国内にはなく、世界選手権やオリンピック参加を夢見ていた。
ある日、伊佐史(いさし)という卓球部員が島を脱出し射殺される。名誉挽回に走り回るコーチ。しかしチームメイトの板民(いたたみ)はその現実にも関わらず、日本に対して憧れを抱いていた。芸能部に所属する恋人広根(ひろね)の静止も聞かず、糧流の伝統芸能、華玉木(はなだまき)に紛れての脱出を目論む。卓球部員も国の重要な行事に併せて華玉木を踊ることになっているのである。そんな中、天才卓球少女の末(すえ)が入部。日本からは雑誌記者古池(こいけ)も来島する…
スタッフ 作・演出=泊篤志/美術=柴田隆弘/照明=乳原一美/音響=杉山 聡/振付=佐成哲夫(sanaridance)/音楽=泊達夫/小道具=山口千琴/特殊小道具=橋本茜(Art Stage-KenTa)/舞台監督=東 孝史 ほか
キャスト 寺田剛史/永井秀樹(青年団)/木村健二/橋本 茜/藤尾加代子/鵜飼秋子/門司智美/加賀田浩二/内田ゆみ/佐成哲夫(sanaridance)/藤原達郎(ダブルキャスト)/葉山太司(ダブルキャスト)/内山ナオミ/北村功治/宗像秀幸/桑島寿彦
お問い合わせ 北九州芸術劇場
093-562-2655
info@kicpac.org
北九州芸術劇場
飛ぶ劇場

チケット発売日

2005年8月14日(日)

入場料金

一般(前売り)2,500円/高校生以下(前売り)1,500円/一般(当日)3,000円/高校生以下(当日)2,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

北九州芸術劇場 093-562-2655
窓口販売のみ
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:360-439
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-063-008 Lコード:88143

公演日程

2005年10月7日(金) 〜 10月10日(月・祝)

2005年10月

2 3 4 5 6 7
  • 19:00☆
  •  
  •  
8
  • 14:00○
  • 18:00☆
  •  
9
  • 14:00○
  • 18:00☆
  •  
10
  • 14:00○
  •  
  •  
11 12 13 14 15
記者役ダブルキャスト ☆…藤原達郎出演 ○…葉山太司出演
10/7は前売り完売

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2132

トラックバック一覧