『アントニーとクレオパトラ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

『アントニーとクレオパトラ』

  • 公演中
  • 当日券情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年10月1日(土)〜10月15日(土)
会場 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
〒338-8506 埼玉県さいたま市中央区上峰3-15-1
PR・解説 灼熱の恋は、国家の運命を変えてしまった


蜷川シェイクスピア最新作!はやくも韓国公演決定!!
これは恋愛劇なのか、それとも政治劇なのか


カリスマ的なローマの武将アントニーが巨大な権力と地位を犠牲にしてまで、エジプトの女王クレオパトラに愛をささげる物語「アントニーとクレオパトラ」。
これまで多くの海外公演を手掛けてきた蜷川幸雄が、本作品で初の韓国公演に挑む。
アントニー役には、ニナガワシェイクスピアでその実力を十二分に発揮し、海外での評価も高い吉田鋼太郎。
宝塚退団後も益々飛躍を続ける安蘭けいが、クレオパトラ役で初めての蜷川作品、初めてのシェイクスピアに挑戦。
さらに池内博之、橋本じゅん、中川安奈、熊谷真実ら世界のニナガワならではの魅力的なキャストが集結する。
政治と情熱に突き動かされた悲劇「アントニーとクレオパトラ」この秋、開幕!
ストーリー 紀元前40年のローマ帝国。ジュリアス・シーザー亡き後、マーク・アントニー、オクテヴィアス・シーザー、レピダスの三執政官が権力を握っていたが、名将アントニーも今ではエジプト女王クレオパトラの色香の虜。遊興にふける日々を送り、周囲をあきれさせている。そこへ妻のファルヴィアが、シーザーに対し出兵し、その後病死したという報せが入る。アントニーの心は揺れるが、ポンペイがローマへ宣戦布告するという事態に、クレオパトラの懇願を振り切り、腹心イノバーバスらとローマへ戻る。
亡き妻が起こした戦争で気まずくなったシーザーとの仲を修復しようと、アントニーはシーザーの姉オクテーヴィアとの結婚に踏み切る。こうして和解したアントニーとシーザー。やがて、ポンペイと三執政官のあいだでも和議が整い、船上で盛大な宴会が開かれる。
しかし、その後平和は続かなかった。シーザーはアントニーを裏切りポンペイに戦いをしかけ打ち破ると、今度はレピダスを監禁し、全世界の覇権を手にしようともくろむのだった。その専横ぶりが許せないアントニーは、妻を捨てクレオパトラの元に戻り、シーザーとの戦いに挑む……
スタッフ 演出:蜷川幸雄

作:W.シェイクスピア
翻訳:松岡和子
キャスト 吉田鋼太郎
安蘭けい
池内博之
橋本じゅん
中川安奈
熊谷真実
ほか
お問い合わせ 彩の国さいたま芸術劇場
0570-064-939
彩の国シェイクスピア・シリーズ 公式ブログ

入場料金

S席9,000円/A席7,000円/B席5,000円/学生B席2,000円(全席指定・税込)

学生B席は劇場のみ取扱

チケット発売窓口

彩の国さいたま芸術劇場 0570-064-939
(休館日を除く10:00〜19:00)

PC  http://www.saf.or.jp
携帯 http://www.saf.or.jp/mobile/
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:412-794
e+(イープラス)
eplus.jp
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2011年10月1日(土) 〜 10月15日(土)

上演時間 約3時間15分
(休15分)

2011年10月

            1
  •  
  •  
  • 17:00
2
  • 13:00
  •  
  •  
3
  • 13:00
  •  
  •  
  • 18:30
4
  • 休演
5
  • 13:00
  •  
  •  
6
  • 13:00
  •  
  •  
  • 18:30
7
  • 13:00
  •  
  •  
8
  • 13:00
  •  
  •  
  • 18:30
9
  • 13:00
  •  
  •  
10
  • 13:00
  •  
  •  
11
  • 休演
12
  • 13:00
  •  
  •  
  • 18:30
13
  • 13:00
  •  
  •  
14
  • 13:00★
  •  
  •  
  • 18:30★
15
  • 13:00
  •  
  •  
★印は映像収録のため場内にカメラを設置いたします。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=21410

トラックバック一覧