メロディア・オルガネッタ『夢からの招待状』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

メロディア・オルガネッタ

手回しオルガン“オルガネッタ”と朗読劇のファンタジックワールド

『夢からの招待状』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

日本でもまだ30台余りしかない貴重な手回しオルガン”オルガネッタ”。室内で楽しむパイプオルガンとも称されるオルガネッタの優しく懐かしい響きを朗読劇と共に楽しんでいただきます。会場となるのは今回もまた歴史的建造物でもある洋館、イギリス館です。メロディア・オルガネッタ横浜の洋館シリーズ、ベーリック・ホール、大倉山記念館に続く三つ目の洋館です。

公演データ

公演期間 2011年11月22日(火)
会場 イギリス館
〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町115-3
PR・解説 応接間で僕を待っていたのは、母ではなく見知らぬ人たちだった──。30年前のあの日、なぜ僕はあの夢を見たのだろう?

洋館で暮らす年老いた母と今は外国で暮らす一人息子(40)。30年前の摩訶不思議な夢の話とともに、紐解かれるオルガネッタをめぐる家族の物語。大人のための音楽朗読ファンタジーです。

高い音楽性と芸術性を兼ね備えた手回しオルガン"オルガネッタ"の演奏と朗読劇を組み合わせた公演を洋館を中心に行っているユニット、メロディア・オルガネッタが優しく懐かしいオルガネッタの響きとともに心温まる時間をお届けします。

今回の公演では洋館を舞台にした物語を実際の洋館の中で上演しますので、観客の皆様にも応接間に招かれたお客様という「登場人物」としてお芝居と音楽を楽しんでいただきます。
ストーリー ここは大きな洋館。今は、この物語の主人公、順之介(40)の母と年老いたお手伝いさんが二人で暮らしている。ある日、外国で暮らす 順之介が2年ぶりに帰ってくる。が、母は奇妙な置き手紙を残して買い物に出ていた。応接間に客たちを残したまま──。彼らと一緒 に留守番をする羽目になった順之介は、ある話を始める。それは 30年前に順之介が見た摩訶不思議な夢の話だった。夢の記憶を紐解くうちに浮かび上がってくるのはオルガネッタの存在。洋館とオルガネッタ、そして家族を結ぶ意外な接点と、母が買い物に出かけた本当の理由。30年の時を経て、あの夢は順之介にどんなメッセージを伝えてくれるのか──。
スタッフ 脚本・演出:永峯千津子
作編曲:坂本日菜
キャスト 出演:和田京三
オルガネッタ演奏:坂本日菜
お問い合わせ メロディア・オルガネッタ
mail@melodia-organetta.com
メロディア・オルガネッタ

チケット発売日

2011年7月1日(金)

入場料金

前売り2,000円/当日2,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

メロディア・オルガネッタ

チケット販売サイトへ

カンフェティチケットセンター 0120-240-540
(平日10:00〜18:00)

チケット販売サイトへ

公演日程

2011年11月22日(火)

上演時間 約1時間

2011年11月

20 21 22
  • 14:00
  • 18:30
  •  
23 24 25 26
昼の部の開場:13:30
夜の部の開場:17:30

夜の部のみ、開演前にお茶とお菓子のご用意があります。どうぞお早めにおいでください。

上演後、オルガネッタについてのミニ解説の時間を予定しています。お時間のある方はこちらもどうぞ。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=21486

トラックバック一覧