舞台芸術研究センター『マラルメ・プロジェクトII「イジチュール」の夜』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

舞台芸術研究センター

朗読に基づく実験的パフォーマンス

『マラルメ・プロジェクトII「イジチュール」の夜』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年8月14日(日)
会場 京都芸術劇場 春秋座
〒606-8271 京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116
PR・解説 昨年開催されたマラルメ・プロジェクトが春秋座に帰ってくる!

演出家、アーティスト達によるコラボレーションパフォーマンス。

フランスの詩人、ステファヌ・マラルメの詩の朗読にあわせ、
坂本龍一による音楽と高谷史郎による映像が流れ、
白井剛と寺田みさこによるダンスが繰り広げられる。

企画:浅田彰、渡邊守章
構成・演出:渡邊守章
朗読:渡邊守章、浅田彰
音楽・音響:坂本龍一
映像・美術:高谷史郎
ダンス:白井剛、寺田みさこ

詳細→http://www.k-pac.org/performance/20110814.html
ストーリー 『イジチュール(Igitur)』は、ラテン語で「かくて、従って」などを意味する副詞的接続詞だが、この哲学的小話では、みずからが「絶対」として自殺を企てる若者の名前であり、虚構設定の上では、マラルメの分身である。1860年代の後半、すでに悪化していたその神経障害は、文字を書いたり、語ったりすることが不可能な状態にまで立ち至っていた。それを乗り切るために、自らの存在論的な危機を主題に「虚構の物語」を書くことを思い立ち、そうすることで、言わば類似療法(オメオパティー)の戦略で、「毒ヲモッテ毒ヲ制ス(similia similibus)」べく、この哲学的小話を書いたのである。
                          [京都造形芸術大学舞台芸術研究センター所長・教授・演出家 渡邊守章]
お問い合わせ 京都造形芸術大学舞台芸術研究センター
075-791-9207 / 075-791-8240
info@k-pac.org
京都芸術劇場ホームページ

チケット発売日

2011年6月15日(水)

入場料金

一般3,500円/シニア(60歳以上)3,200円/学生&ユース(25歳以下)2,500円/瓜生山学園生1,000円/京都芸術劇友の会3,000円(税込)

※未就学児はご入場いただけません。
※学生、ユース、シニアは要身分証明書提示
※瓜生山学園生は劇場チケットセンターのみの取扱い

チケット発売窓口

京都芸術劇場チケットセンター 075-791-8240
・京都芸術劇場チケットセンターの営業時間は平日10:00〜17:00です。
・携帯からもチケットのお申し込みができます。
http://www.k-pac.org/theatre/m/m
※用事前登録(無料)

チケット販売サイトへ

公演日程

2011年8月14日(日)

上演時間 約80分

2011年8月

14
  • 16:00
  •  
  •  
15 16 17 18 19 20

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=21538

トラックバック一覧