話劇塾『狼少年・かめのこせんべい』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

話劇塾

したまち演劇祭よなよなばなし

『狼少年・かめのこせんべい』

  • 公演中
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年9月17日(土)〜9月18日(日)
会場 浅草 東洋館
〒111-0032 東京都台東区浅草1-43-12浅草六区交番前
PR・解説 「母っちゃ、かんにんしてけえやあ!おらは、にんげんなんだあ!」
寺山修司の名作「狼少年」を津軽三味線と尺八と語り芝居で、話劇の世界を楽しんで頂きます。
ストーリー 母親に生後間もなく捨てられた少年は狼に育てられて成長し、人里に現れては人々を怯えさせていた。山裾の渓谷で水浴びをしていた少女と出会った少年は生まれて初めて人間の血に目覚めた。その頃人々は狼に田畑を食い荒らされて困りはて、狼狩りをしようとしていた。「おれは人間だろうか、それとも狼だろうか」と自らに問う少年に少女は「狼を殺して人間にかえってきて」という。「おれにおっ母さんを殺せというのか?」という少年に少女は「あれは狼・・・田畑を食い荒らすけだものよ」「何かが生まれるためには別の何かを殺さなければばらばい」と説く。はたして少年は・・・・
盲目のいたこが三味線を奏でながらとつとつと語る。
スタッフ 構成・演出:伊藤勝昭 照明:小関英勇 音響:千々岩克 舞台監督:蝦蟇屋和世 制作:鈴木結沙 
協力:九條今日子 劇団世代  劇団現代 話劇みのり ちょうふ☆座21 津軽三味線小山流  文学座
キャスト いたこ:山田順子 モモ:大館克子 少年:石田賢一朗 少女:佐藤麻衣子 ノド:市川兵衛 片目:蝦蟇屋和世 歯抜け:本多摂 せむし:白道剛志 山吹の女:鈴木結沙 野茨の女:藤原惠子 桔梗の娘:前田由祈 語り:井ノ口勲
かめのこせんべい 構成・語り:井ノ口勲  津軽三味線:佐藤天 尺八:小松崎剛
お問い合わせ 話劇塾事務局
080-5062-6535
3-inoku.i@ezweb.ne.jp
座☆話劇 ホームページ

チケット発売日

2011年7月10日(日)

入場料金

2,500円(全席自由・税込)

台東区民割引  1500円(30枚限定)

チケット発売窓口

話劇塾 080-5062-6535
台東区民割引は、台東区役所観光課
割引情報 台東区民割引あり。通常料金2500円→1500円

公演日程

2011年9月17日(土) 〜 9月18日(日)

2011年9月

11 12 13 14 15 16 17
  • 19:00
  •  
  •  
18
  • 19:00
  •  
  •  
19 20 21 22 23 24

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=21639

トラックバック一覧