高木尋士主催『天皇ごっこ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

高木尋士主催

見沢知廉七回忌追悼公演

『天皇ごっこ』〜蒼白の馬上 1978326〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年9月9日(金)〜9月11日(日)
会場 APOCシアター
〒156-0054 世田谷区桜丘5-47-4
PR・解説 舞台化不可能といわれた『天皇ごっこ』
2011年9月、その最終章をついに上演!
ストーリー 『視よ、蒼ざめた馬あり、これに乗る者の名を死といい、黄泉これにしたがう』(ヨハネ黙示録六章八節)

『ラスコーリニコフは金貸しばばあを殺し、彼自身が殺した老婆の流した血の中で窒息する。
いっぽうワーニャは殺すためにでかけているが、殺したあとでは幸福になり、聖なる気持をいだくだろう。
彼は、愛の名において、という。
だがはたしてこの地上に愛があるだろうか?
キリストはほんとうに三日目に復活したのだろうか?
そんなことはみな言葉にすぎぬ・・・。』(ロープシン「蒼ざめた馬」)

『テロルはなによりもまずテロリストの犠牲によって彩られる』(カリャーエフ)

『一つ、革命家は自分自身の名前を持たない。
一つ、革命家の存在は、世界を確実に破壊するためだけにある。
一つ、革命家は、一つの科学すなわち破壊の科学のみを知る。
一つ、革命家は世論を侮蔑する。
一つ、革命家は、運命を定められた人間である。
一つ、革命家は自分自身に対して峻厳でなければならない。』

『斬れ! 斬れ! 言葉を斬りつくせ!
ありとあらゆる言葉を、言葉という言葉を、世界中の言葉を斬りつくせ!
斬り覚えよ! 斬って狂え! 狂わねば人は斬れない!
狂わねば言葉は斬れない!』
スタッフ 【原作】見沢知廉
【脚本・演出・美術・選曲】高木尋士
【演出助手】市川未来
【照明】若林恒美
【音響】大和二矢
【特殊効果】森本薫
【制作】中田祐子・高橋あづさ・吉本千穂・劇団再生
キャスト あべあゆみ、磯崎いなほ、井上雄策、加藤翠、紅葉、齊藤未央、清水周介、千賀ゆう子、田中惠子、鶴見直斗、橋本慎司
※出演を予定しておりました宮永歩実は、諸般の事情により出演いたしません。
 出演を楽しみにされていたお客様、及び関係者の方々には、主宰よりお詫び申し上げます。
 ご了承の程、よろしくお願いいたします。主宰・高木尋士
お問い合わせ 見沢知廉七回忌追悼公演 制作部
090-4413-1186
misawachiren@gmail.com
天皇ごっこ 〜蒼白の馬上 1978326〜

チケット発売日

2011年7月23日(土)

入場料金

3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

高木尋士主催 見沢知廉七回忌追悼公演 制作部 090-4413-1186
http://engeki.ne.jp/saisei/archive/20110909/

チケット販売サイトへ

公演日程

2011年9月9日(金) 〜 9月11日(日)

2011年9月

4 5 6 7 8 9
  • 19:30
  •  
  •  
10
  • 13:30
  • 19:30
  •  
11
  • 14:00※
  •  
  •  
12 13 14 15 16 17
※ 11日のみ、プレトーク有。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=21713

トラックバック一覧