劇団民藝『カミサマの恋』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団民藝

『カミサマの恋』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年10月5日(水)〜10月19日(水)
会場 紀伊國屋ホール
〒163-8636 東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋書店新宿本店4F
PR・解説 カミサマとは、青森県津軽地方に存在する民間の祈祷者のこと。青森といえばイタコが有名ですが、イタコが自身に神霊を降ろすのに対して、カミサマは自分の守護神と対話しながら相談者にアドバイスを与え、人々の心を「癒し」に導いていきます。
青森県で高校教師の顔をもつ畑澤聖悟氏は『修学旅行』『河童』『親の顔が見たい』など今注目の劇作家。民藝初の書き下ろしは、カミサマ役に、津軽に縁のある奈良岡朋子をという作者念願の新作です。
ストーリー まだそこここに雪の残る津軽。「カミサマ」遠藤道子のもとへは嫁姑問題、息子の受験、息子の結婚相手探しなどなど何かしら家庭の悩みごとを抱えた人びとがひっきりなしに訪れている。相談者の話を丁寧に聞いてやり、神様の言葉と適切な助言で心をほぐしてゆく道子は、近隣の人びとから信頼を集めている。
そんな道子には息子として育てた銀次郎がいる。何年も連絡のなかった銀次郎がある日突然あらわれ、神妙な面持ちで道子に頼みごとを持ちかける。なにやら隠していることがある様子だ。そんな銀次郎を見守る道子の目には、むかし事故で死んだ婚約者の姿が重なって見えてくるのだった……
スタッフ 作=畑澤聖悟/演出=丹野郁弓
装置=加藤ちか/照明=沢田祐二/衣裳=緒方規矩子/効果=岩田直行/舞台監督=中島裕一郎
キャスト 奈良岡朋子/塩屋洋子/箕浦康子/船坂博子/望月ゆかり/藤巻るも/飯野 遠/小嶋佳代子
千葉茂則/武藤兼治/天津民生/梶野 稔/行田 旭
お問い合わせ 劇団民藝
044-987-7711

チケット発売日

2011年8月24日(水)

入場料金

一般6,300円/学生割引3,150円/NIGHT TICKET4,000円(全席指定・税込)

学生割引…劇団のみ取り扱い
NIGHT TICKET…夜公演、後部席限定

チケット発売窓口

劇団民藝 044-987-7711

チケット販売サイトへ

劇団民藝青山事務所 03-3401-5131

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:413-466
ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-003
Lコード:31401
e+(イープラス)
eplus.jp
キノチケットカウンター 新宿東口・紀伊國屋書店本店5階
店頭販売のみ〔10時〜18時30分〕
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2011年10月5日(水) 〜 10月19日(水)

上演時間 約2時間

2011年10月

2 3 4 5
  •  
  • 19:00○
  •  
6
  • 14:00
  •  
  •  
7
  • 14:00
  •  
  •  
8
  • 14:00※
  •  
  •  
9
  • 14:00※
  •  
  •  
10
  • 14:00★
  •  
  •  
11
  •  
  • 19:00○
  •  
12
  • 14:00
  •  
  •  
13
  • 14:00◎
  •  
  •  
14
  •  
  • 19:00○
  •  
15
  • 14:00※
  •  
  •  
16
  • 14:00◎
  •  
  •  
17
  •  
  • 19:00○
  •  
18
  • 14:00
  •  
  •  
19
  • 14:00
  •  
  •  
20 21 22
※…無料託児サービス〔要予約〕
○…NIGHT TICKET設定日

★…終演後に出演者との交流会を行います。参加費無料、どなたでも参加できます。
◎…終演後にバックステージツアーを行います。参加費無料、当日受付でお申し込みください。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=21809

トラックバック一覧