バリアフリー アミューズメント シアター『憶良の愛しみは今も』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

バリアフリー アミューズメント シアター

旗揚げ公演

『憶良の愛しみは今も』〜在日万葉歌人と歴女の遭遇〜

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年9月3日(土)〜9月4日(日)
会場 リバティホール
〒556-0043 大阪府大阪市浪速区浪速西3-6-36
PR・解説 作・原彰
演出・有近勝
貧・老・病・死など人の苦しみを詠み続けた異端の万葉歌人、
山上憶良の哀しみは、千三百年の時を越え、
今に生きる私たちの胸に熱く響く。
老いも若きも、男も女も誰でも癒す、時代劇で現代劇。

バリアフリー・アミューズメント・シアターは、心のバリアフリーをテーマに芸能ジャンルの垣根を
超える作品を提供するプロデュース集団。
その旗揚げ公演「憶良の愛しみは今も」をリバティおおさか大阪人権博物館内リバティホールで上演。
ストーリー 歴史好きの春河は在日三世。日本人の男性と愛し合い結婚しようとするのですが。
両家の猛反対で駆け落ちの末、同棲し妊娠。
孫ができれば両家も折れてくれると思いきや、生まれてくる子どもの国籍をめぐり、また揉める始末。
傷心の春河は万葉歌人 山上憶良が在日であったと知り、飛鳥浄御原宮跡を訪れる。
そこで憶良の霊魂と出会うのですが、果たして…。
スタッフ 作・原彰
演出・有近勝
音楽:林秀茂・振付:大向井隆夫・美術:竹内志朗・衣装:高橋宏明・声楽指導:中出安子
キャスト 山本拓平・小川十紀子・海徳桃代・川崎多恵
ゲスト/赤坂マリア
声の出演/猪岡千亮・ことぶきつかさ
お問い合わせ バリアフリー・アミューズメント・シアター
p_1991sollo_2002sba_1962ari@yahoo.co.jp

チケット発売日

2011年8月1日(月)

入場料金

3,000円(全席自由・税込)

前売3000円・当日3500円

チケット発売窓口

バリアフリー・アミューズメント・シアター 06-7494-9953
お問い合わせは
p_1991sollo_2002sba_1962ari@yahoo.co.jp
http://kokoro-bat.jp/

チケット販売サイトへ

バリアフリー・アミューズメント・シアター神戸事務所 0797-72-6200

チケット販売サイトへ

当日券情報 当日3500円

公演日程

2011年9月3日(土) 〜 9月4日(日)

2011年9月

        1 2 3
  • 14:00
  • 19:00
  •  
4
  • 13:00
  • 17:00
  •  
5 6 7 8 9 10

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=21824

トラックバック一覧