新宿梁山泊『ベンガルの虎』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

新宿梁山泊

新宿梁山泊第45回公演 テントツアー2011

『ベンガルの虎』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年10月14日(金)〜10月16日(日)
会場 宇津江四十八滝公園 特設テント
岐阜県高山市国府町宇津江
PR・解説 日本の代表的な劇作家:唐十郎氏の最高傑作といわれている作品。
戦後文学の道徳的作品『ビルマの竪琴』に材をとり戦後復興の影に忘れられ打ち捨てられたものたちへの唐独特のオマージュである。
史実と幻想が入れ混じり、時間と空間を飛び越えて、生者と死者の境もない、ささやかな生活のある路地裏から、大陸の戦場へ、はるかな大海原へ目まぐるしく舞台は展開していく、舞台全面に水槽を仕掛け、ラストシーンは舞台が海原になり、登場人物たちが海の彼方に消えてゆく、
唐作品を独特の演出で現代に発表してきた金守珍の演出に加え、日本を代表するイラストレータであり国際的な評価も高い宇野亜喜良の美術、一世を風靡した女性ロックシンガー:中山ラビがさすらいの流しの役で出演、
ストーリー 大戦の色を濃く残す、東京の下町、行方不明の夫を探し求める女カンナはたった一つの手がかりの象牙のはんこを持って夫:水島を探していた、戦後復興の世間から取り残されたような少年:銀次を巻き込み、カンナは不思議な街の住民たちに翻弄される、忘れ去られた魂たちが水底から浮かび上がり、、、、、唐十郎が描くもう1つの『ビルマの竪琴』
スタッフ    作/唐 十郎 
  演出/金 守珍
  美術/宇野亜喜良 
  装置/大塚聡+百八竜
  照明/泉次雄+ライズ 音響/N-TONE  
  音楽/大貫誉/振付/大川妙子 
キャスト 金守珍、樋口浩二、カン・ワンス、広島光
  三浦伸子、渡会久美子、水嶋カンナ、ムンス、
  染野弘考、小林由尚、伝田けいな、全原徳和、ムンス 
  今井和美、加藤亮介、柚木斎、他
  特別ゲストー中山ラビ
お問い合わせ 新宿梁山泊事務所
03-3385-7188 / 03-3385-7971
s-ryozanpaku@muc.biglobe.ne.jp

チケット発売日

2011年8月16日(火)

入場料金

階段指定席3,800円/桟敷自由席3,000円/学生(桟敷)席2,500円(税込)

学生席の方は、当日、学生証のご提示をお願い致します。

チケット発売窓口

新宿梁山泊 03-3385-7188

チケット販売サイトへ

当日券情報 当日券は販売は、開演の1時間前より開始。
各券共、予約券の300円増しです。

公演日程

2011年10月14日(金) 〜 10月16日(日)

上演時間 約2時間30分 途中休憩あり

2011年10月

9 10 11 12 13 14
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
15
  •  
  •  
  • 18:30
16
  •  
  •  
  • 18:30
17 18 19 20 21 22

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=21880

トラックバック一覧