自転車キンクリートSTORE『セパレート・テーブルズ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

自転車キンクリートSTORE

テレンス・ラティガン3作連続公演

『セパレート・テーブルズ』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年12月15日(木)〜12月23日(金・祝)
会場 全労済ホール/スペース・ゼロ
〒151-0053  東京都渋谷区代々木2-12-10 全労済会館B1
PR・解説 テレンス・ラティガン3作連続公演 第3弾!!
海辺の質素なホテル。冬のある日、ホテルには場違いな、美しく洗練された女性客が訪れる。そしてまた夏のある日、小さく衝撃的な新聞記事が、ホテルに波紋を巻き起こす。魂の尊厳を見つめる二つの愛の物語。
ストーリー 支配人ミス・クーパーが取り仕切る、郊外の小さなホテル。宿泊客の半分は、リタイヤ後の人生を静かに過ごす長期滞在者である。
<1幕>冬。のんだくれのジャーナリスト、ジョン・マルカムは他の客から冷ややかな目で見られている。ある日、美しく洗練された女性客シャンクランド夫人が訪れる。彼女は明らかに、このホテルには場違いな存在だった。
<2幕>夏。長期滞在客のレールトンベル夫人は、娘のシビルと仲の良いポロック少佐について書かれた小さな新聞記事を発見する。それは、静かなホテルに波紋を起こすには充分な大きさだった。
スタッフ 作=テレンス・ラティガン/訳・演出=マキノノゾミ/舞台美術=奥村泰彦/照明=中川隆一/音響=堀江潤/衣裳=三大寺志保美/ヘアメイク=武田優子/舞台監督=津田光正
キャスト 久世星佳/神野三鈴/山田まりや/菅原大吉/坂手洋二/歌川椎子/南谷朝子/林英世(劇団M.O.P)/大家仁志(青年座)/奥田達士(劇団M.O.P)/小飯塚貴世江(俳優座)/秋山エリサ/木下智恵(北区つかこうへい劇団)
お問い合わせ 自転車キンクリーツカンパニ
03-5489-4434
mail@jitekin.com
自転車キンクリーツカンパニー

チケット発売日

2005年11月5日(土)

入場料金

12/15.164,000円/12/17〜235,000円(全席指定・税込)

半券割引
「ウィンズロウ・ボーイ」と「ブラウニング・バージョン」2公演の半券をお持ちの方はチケット代が1000円引きに、「ウィンズロウ・ボーイ」か「ブラウニング・バージョン」どちらかの半券をお持ちの方はチケット代が500円引きでお求め頂けます。
この割引は、自転車キンクリーツカンパニーで行う全ての予約、および当日券でご利用いただけます。

チケット発売窓口

自転車キンクリーツカンパニー 03-5489-4434
公演直前電話予約=自転車キンクリーツカンパニー専用電話番号03-5489-0854(12/4〜12/22 12:00〜18:00)

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:363-249
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-063-003 Lコード:32609
e+(イープラス)
eplus.jp
スペース・ゼロ チケットカウンター 03-3375-8869
平日10:00〜16:00
土曜・日曜・祭日休業

公演日程

2005年12月15日(木) 〜 12月23日(金・祝)

上演時間 約1時間50分

2005年12月

11 12 13 14 15
  •  
  • 19:00★
  •  
16
  •  
  • 19:00★
  •  
17
  • 14:00●
  • 19:00●
  •  
18
  • 14:00◎
  •  
  •  
19
  •  
  • 19:00●
  •  
20
  •  
  • 19:00●
  •  
21
  • 14:00●
  • 19:00●
  •  
22
  •  
  • 19:00●
  •  
23
  • 14:00●
  •  
  •  
24
★=4,000円(全席指定、消費税込)
●◎=5,000円(全席指定、消費税込)
◎=終演後、ポストトークあり、無料

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2200

トラックバック一覧