新中野ワニズホール『「天国の悶」/「娘ふたり」/「モグラ・シンドローム」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

新中野ワニズホール

両沢和幸アワー 第6弾

『「天国の悶」/「娘ふたり」/「モグラ・シンドローム」』二人芝居 (オムニバス 3話)

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

待望の第6弾!!

公演データ

公演期間 2011年9月30日(金)〜10月2日(日)
会場 新中野WanizHall(ワニズホール)
〒164-0012 東京都中野区本町4-35-10渡辺ビルB1
PR・解説 「ナースのお仕事」などのプロデューサーとして有名な映画監督、
両沢和幸氏が手がける、これが今、噂の「ふたり芝居」 第6弾!
ストーリー 「天国の悶」 山口友和 × 橋本紗也加 / 作・演出 両沢和幸

質問の答え次第では、このまま天国に行けるか、それとも地獄に落ちるかが決まる、
ココはそういう場所なんだと、そこで出会った神様は言った。
子供の頃、おばあちゃんが話して聞かせてくれていたイメージとはぜんぜん違う、
なんだかただのエロおやじみたいな神様だった。

・・・・・・・・・・・・・・・

「娘ふたり」 武藤令子× 相元晴名 / 作・演出 両沢和幸

亡くなった母のお通夜で顔を合わせる、東京で働くキャリアウーマンの妹、尚美と、
地元で二人の子供を持つ専業主婦となった姉の美沙子。
母をめぐる会話、父をめぐる会話の中で、柔らかく明かされてゆく姉妹それぞれの胸の内。
それにしても、あたしたちのお母さんの人生たるや、・・・・まったくね。

・・・・・・・・・・・・・・・

「モグラ・シンドローム」 内田健介 × 相川由里 / 作・演出 両沢和幸

「そんなに簡単なことじゃないんだよ」と、プレス工場で働くサラリーマンのオオカミは言った。
与えられた場所があり、そこから飛び出してはいけないのだと説く彼に、
場末の風俗店で働く赤ずきんが歌って聞かせた物語。


    1話約35分、3話のオムニバス公演です。

入場料金

2,000円(全席自由・税込)

全席2,000円(全席自由・税込)

当日清算(当日受付にて料金をお支払い下さい。)

チケット発売窓口

新中野ワニズホール 古賀 090-2728-2670
・・・・9月29日0時現在の予約状況・・・・
9月30日(金) 夜の部 ※ご予約にて満席
10月1日(土) 昼の部 ※ご予約にて満席。
ご予約の無いお客様は当日、ワニズホールホームページにて残席をご確認
の上お越し下さい。http://www.wanizhall.net

チケット販売サイトへ

各キャスト 各キャストに御予約ください。

公演日程

2011年9月30日(金) 〜 10月2日(日)

上演時間 1話約30分、短編ふたり芝居3話のオムニバス形式です。
90分〜100分です。

2011年9月

25 26 27 28 29 30
  • 19:00
  •  
  •  
 

2011年10月

            1
  • 15:00
  • 19:00
  •  
2
  • 15:00
  • 19:00
  •  
3 4 5 6 7 8
全5公演
昼の部 14:20開場 15:00開演
夜の部 18:20開場 19:00開演

3話終了後、フロアーにてキャストとお話できます。
夜の部(19:00)終了後は、バータイムとなり、お酒など飲みながら
キャストとお話ができます。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=22031

トラックバック一覧