武内靖彦『舞踏よりの召喚』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

武内靖彦

武内靖彦 踏業40周年記念独舞リサイタル

『舞踏よりの召喚』20世紀、牡丹。

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年10月7日(金)〜10月9日(日)
会場 座・高円寺
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2
PR・解説 土方巽に衝撃を受け舞踏を始め、デビューしてから40年。大野一雄に師事しながらも、独自の舞踏世界をひとり突き詰めてきた40年の集大成公演!

真っ直ぐ往けと白痴が指しぬ秋の道  草田男

1968年10月、土方巽『肉体の叛乱』を観て衝撃を受け、闇雲に踊り始める。 1971年4月、24歳。高円寺会館で『単独処女舞踏会』を開きデビュー。
1973年舞踏家大野一雄氏に師事。 今日に至るまでソロ舞踏公演を継続。現在、シリーズ素型原寸考、パンドラの柳行李を続行中。1992年第23回舞踊批評家協会賞を師大野一雄と同時受賞受賞。


 引っ越しの日。家財道具一式きれいに荷出しされた後のガラーンとして空っぽになったじぶん家にポツンと居た。
黄ばんだ壁と畳に、そこにあったモノ達の跡がある。和箪笥、洋ダンス、茶箪笥、本箱の跡、柱時計や富山の薬売り袋の跡。
あったモノが去った後のモノ達の木霊が立ちこめ滲みてボーッと白い影のシミ幽霊のようにも見えた。傘が外され、電球を抜かれたコードが天井から垂れていた。
あったモノは何もなかった。あったコトだけが満ちていた。

 カラッポが充満してくる。その膨張と圧縮の微弱なカラッポの息づかいがジワジワと満ち上がり、沁みわたり、滲み、からだは占領されてゆく。輪郭はゆっくりと軋み、やがて崩れ、溶け始める。
「動いてはいけない!」といふ声がする。それは耐えているからだを激励する私の囁きなのだが、その囁きの底で「もし、動いたらこの『幸福』が毀れてしまうぞ」といふ呟きもあった。
お問い合わせ マルメロ
03-5627-7583
marumeloyama@gmail.com
武内靖彦HP

チケット発売日

2011年7月7日(木)

入場料金

一般3,500円/学生2,500円/シニア(65歳以上)3,000円/ペア6,000円(全席自由・税込)

前売当日とも同料金です・全席自由

チケット発売窓口

座・高円寺チケットボックス(月曜定休) 03-3223-7300
●劇場事務室チケット窓口(月曜定休)
窓口(10:00〜19:00)
●劇場事務室電話予約(月曜定休)
03−3223−7300(10:00〜18:00)
座・高円寺WEBチケット

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2011年10月7日(金) 〜 10月9日(日)

上演時間 約1時間20分

2011年10月

2 3 4 5 6 7
  • 19:30
  •  
  •  
8
  • 17:00
  •  
  •  
9
  • 15:00
  •  
  •  
10 11 12 13 14 15
開場は開演の30分前です。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=22070

トラックバック一覧