劇団銅鑼『流星ワゴン』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団銅鑼

劇団銅鑼公演NO.33

『流星ワゴン』「死んでもいいかなぁ。」そう思った時、不思議なワゴンが僕の前に停まった。

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

東京・横浜・西宮 3都市で上演。
直木賞作家・重松清原作『流星ワゴン』の舞台化。重松ファンの中でも特に人気の高いこの作品を、今もっとも人気のある演劇ユニット“グリング”主宰者・青木豪の脚色にてお贈り致します。2005年2月に銅鑼アトリエにて上演。SOLD OUTの公演と話題となり、再演の要望が高く、待望の劇場公演です。平成17年度芸術文化振興基金助成事業

公演データ

公演期間 2006年2月3日(金)〜2月5日(日)
会場 相鉄本多劇場
〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-1-22相鉄ムービル3F
PR・解説 直木賞作家・重松清『流星ワゴン』の舞台化。
ストーリー 突然、誰にも必要とされなくなったサラリーマンの男・一雄。妻・美代子はテレクラで浮気、息子・広樹は家庭内暴力・ひきこもり。父親・忠雄は末期がんで入院中。そして自分は突然のリストラ。順調に進んでいたはずの生活が、気付けば壊れていた。忙しい日常の中で、忘れてきた大切な時間を一雄は過去に戻ってやり直しを始める。そこには、同い年の父親・忠雄がいた。死んだはずの橋本さんが運転する不思議なワゴン車に乗って過去と現在を行き来するタイムスリップファンタジー作品。
スタッフ 原作=重松清(「流星ワゴン」講談社刊)/脚色=青木豪(グリング)/演出=磯村純(青年座)/装置=阿部一郎/照明=鷲崎淳一郎/効果=中嶋直勝/音楽=平井真美子/舞台監督=稲葉対介/宣伝美術=早田二郎/制作=平野真弓 ほか
キャスト 館野元彦/馬渕真希/三田直門/中島涼香/井上太/久保田勝彦/小出亘
お問い合わせ 劇団銅鑼
03-3937-1101
gekidandora@pop12.odn.ne.jp
劇団銅鑼

チケット発売日

2005年11月25日(金)

入場料金

一般3,500円/65歳以上3,150円/学生2,500円/ペア6,000円(税込)

日時指定自由席

チケット発売窓口

劇団銅鑼 03-3937-1101

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:364-981
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-063-003 Lコード:31666
e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

相鉄本多劇場 045-319-2150
予約のみ

公演日程

2006年2月3日(金) 〜 2月5日(日)

上演時間 約2時間(休憩なし)

2006年2月

      1 2 3
  • 19:00
  •  
  •  
4
  • 14:00
  • 19:00
  •  
5
  • 14:00
  •  
  •  
6 7 8 9 10 11
開場は開演の30分前

東京芸術劇場小ホール21月27日(金)〜29日(日)兵庫県立芸術文化センター2月9日(木)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2218

トラックバック一覧