グラス・マーケッツ『龍船事件』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

グラス・マーケッツ

朗読公演

『龍船事件』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年9月10日(土)〜9月11日(日)
会場 京都府庁旧本館 2階正庁
〒602-8570 京都府京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
PR・解説 波に乗って届けられた二つの物語。
失われた時間を結びつけ、帆をかけろ。
そして―― 一つの物語が航海に出る。

◯良質なクラシカルミステリーを
結成以来、「謎物語」にこだわり、オリジナル朗読作品を発表して来たグラス・マーケッツ。
劇場や美術館、ギャラリーやカフェなど様々な空間にあわせて「謎」と「形」を変え、
物語を生み出してきた。
今回、我々が選んだ空間は京都府庁旧本館。
歴史ある建物と呼応すべく、“クラシカル”な物語を紡いでいく。
古典的でシンプルな展開。三つの時代を巡るオリジナル最新作。
謎に満ちた75分間をお楽しみください。
ストーリー ◯「時間」という「謎」を解き明かすミステリー。

東シナ海に浮かぶ島、紅湾(ホンワン)を舞台に、
「時間」という「謎」を解き明かすミステリー。

現在、1980年、そして、遥か昔。
奇妙に交錯し、絡みあう3つの時代。

2011年9月某日、作家ソウの元へ押し寄せたのは2つの物語。
奇妙な夢を見るという女性シンと、
遥か昔の伝説を携えた友人の記者サイ。

シンは告げる。「この夢は私の罪を暗示しているのかもしれません」
サイは語る。「彼女の夢とこの伝説を結び付けてくれないか」

二人の背後に見えるのは「龍」と「船」。
失われた時間を紡ぐため、作家ソウは、海原を渡る「龍の船」を創り出す。
そして、一つの物語が航海に出る――。
スタッフ 脚本・構成=池田長十 音楽=原澤孝之 フライヤーデザイン=太田亮吉
キャスト ・佐野真希子(作家ソウ)
・末冨喜子(依頼者シン)
・中條裕美(記者サイ)
・金木美穂(刑事カオ)
お問い合わせ グラス・マーケッツ
075-812-0542
office@glassmarkets.net
グラス・マーケッツ

チケット発売日

2011年8月1日(月)

入場料金

2,000円(全席自由・税込)

各ステージ80名(先着順となります。お早めにご予約をどうぞ)

チケット発売窓口

グラス・マーケッツ ・ホームページ http://www.glassmarkets.net/
・携帯用サイト http://www.glassmarkets.net/ryusen/

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp
当日券情報 2.000円(前売・当日共通)

公演日程

2011年9月10日(土) 〜 9月11日(日)

上演時間 75分

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=22180

トラックバック一覧