『大奥 第一章』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

『大奥 第一章』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年11月4日(金)〜11月27日(日)
会場 中日劇場
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル9F
PR・解説 2003年6月に放送をスタートし、女性から絶大な支持を得て一大ブームを巻き起こしたフジテレビ系スーパー時代劇「大奥」シリーズ。その後も、2004年、2005年と、シリーズを重ね、フジテレビを代表するドラマとして不動の人気を誇りました。
幕末期、和宮降嫁を題材にした大奥シリーズ第一弾が、2007年に待望の舞台化。明治座の動員記録を塗り替えるほどの人気を博し、2008年には全国15都市で上演。さらに、2010年には、東京・明治座での再演を皮切りに福岡、大阪と公演を重ね、初演より245回の公演を達成しました。

そして2011年。多くのお客様の声にお応えして、新たな「大奥」が明治座での上演に続き中日劇場に登場いたします。
大奥の黎明期、三代将軍家光の乳母・春日局と、二代将軍秀忠の正室にして家光の実母である江与(または江)との、激しい女の戦いと、二人の波乱に満ちた生涯を描く豪華絢爛の時代絵巻『大奥 第一章』の舞台化です。
ストーリー 戦乱の世が終わり、落ち着き取り戻し始めた江戸時代初期。

稲葉正成の後妻であった“ふく”(松下由樹)は、3人の子に恵まれたものの、奔放な正成に翻弄され苦難の生活を強いられていた。ある日、夜盗に襲われたことをきっかけに正成の妾を刺したふくは、正成から離縁されてしまう。

愛する我が子と引き離され、傷心のうちに京に上ったふく。しかし、そこで将軍家が乳母を捜しているのを知り、二代将軍・秀忠(原田龍二)の子である竹千代の乳母として徳川家に仕えることになる。

竹千代の実母・江与(木村多江)は、乳母に我が子を奪われたと感じてふくを敵対視するようになる。後に春日局として大奥に君臨することになる乳母のふくと、実母江与との確執が始まった。その後二男・国松を授かった江与は、ふくになつく長男・竹千代を無視して自らが育てる国松を溺愛。竹千代は母に捨てられたと感じ、母と子は互いを求めながらも徐々に溝を深めていく。

さらに江与は、三代将軍の座を国松にと画策。しかし、大御所・家康(近藤正臣)に取り入ったふくの計略で長男の竹千代が将軍職を継ぐことになり、母子の断絶と、実母対乳母の確執が決定的となっていく。

時が経ち、三代将軍となった家光(田中幸太朗)は、早く世継ぎをと願うふくのはからいで正室・孝子を娶るものの、その思いを踏みにじるかのようにまるで関心を示さない。男色の噂までたてられる家光を心配するふくと、いい気味とばかりの江与。

ある夜、側役を同行して江戸の町へとお忍びで出掛けた家光に、何者かが斬りかかるという事件が起こった。それが弟・忠長の家臣と知った家光は江与の差し金だと考え、母にそこまで恨まれているのかと改めて打ちのめされてしまうが……。

育てた子を守ろうと必死の想いは同じ乳母と実母。子を想い、親を求める気持ちはありながら、すれ違ってしまう親子。女たちの愛憎と家族の絆が絡みあい、後に女の牢獄と呼ばれる「大奥」の物語第一章がこうして幕を開けた。
スタッフ 脚本=浅野妙子
演出=林徹(フジテレビ)
音楽=石田勝範
キャスト 松下由樹 木村多江 原田龍二 田中幸太朗 西原亜希 鷲尾真知子 山口香緒里 近藤正臣
※山口香緒里の「緒」は正しくは点が付きます。
お問い合わせ 中日劇場営業部
052-263-7172
10:00〜18:00

入場料金

S席13,000円/A席10,000円/B席7,000円(税込)

チケット発売窓口

中日サービスセンター[中日ビル1F] 窓口販売(10:00〜18:00 日・祝を除く)
※車イススペースをお求めの方052-263-7175(10:00〜18:00)
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:413-144
●予約センター0570−02−9936【音声自動24時間対応】
ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-004
Lコード:42794
e+(イープラス)
eplus.jp
中日劇場予約センター 052-320-1888
オペレーター対応10:00〜18:00
0570-02-9936(Pコード:413-144)

公演日程

2011年11月4日(金) 〜 11月27日(日)

2011年11月

    1 2 3 4
  • 11:00
  •  
  •  
5
  • 11:00
  • 16:00
  •  
6
  •  貸切
  •  貸切
  •  
7
  •  貸切
  •  
  •  
8
  • 11:00
  • 16:00
  •  
9
  • 11:00
  • 16:00
  •  
10
  •  貸切
  •  
  •  
11
  • 11:00
  • 16:00
  •  
12
  • 11:00
  • 16:00
  •  
13
  • 11:00
  •  
  •  
14
  • 11:00
  • 16:00
  •  
15
  • 休演
16
  • 11:00
  • 16:00
  •  
17
  • 11:00
  • 16:00
  •  
18
  • 11:00
  •  
  •  
19
  • 11:00
  • 16:00
  •  
20
  • 11:00
  • 16:00
  •  
21
  • 11:00
  •  
  •  
22
  • 11:00
  • 16:00
  •  
23
  •  貸切
  • 16:00
  •  
24
  • 11:00
  •  
  •  
25
  • 11:00
  • 16:00
  •  
26
  • 11:00
  • 16:00
  •  
27
  • 11:00
  •  
  •  
28 29 30      

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=22396

トラックバック一覧