劇団やぶさか『彼方に』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団やぶさか

劇団やぶさか第5回本公演

『彼方に』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年11月5日(土)〜11月6日(日)
会場 STスポット
〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-11-15
PR・解説 やぶさか初の現代劇、になるのでしょうか。
でもファンタジー。
少人数、規制ありの中で考えてみた物語です。

遠い宇宙の彼方の人と、地味な日本の風景。
溢れる星々の映像や、胸に沁みる音楽を
ふんだんに用い、情緒豊かに仕上げたいと思います。

胸が痛くなるような出会いと別れの物語は、
夏の終わりにこそ相応しいのです。
(※秋公演なのに夏の話じゃん、とかいうツッコミは
甘んじて受けます、スミマセン…)
ストーリー 日本。晩夏。
熱気と、虫の声と、波の音。
そんなものが一緒くたに溢れ出てはそして終わりを告げる気配の季節。浜辺に住む大学院生の星と、その従姉妹の美空が楽しく花火大会に興じていた。と、花火に紛れて星が流星を発見する。近くに落ちた、と追いかけると、そこには美しい異星人が倒れていた。美空の警告も無視して連れ帰り、介抱する星。

気がかりなのは、青い瞳の異星人が流した涙だった。

最初はなかなか心を開かなかった異星人だったが、時が経つにつれ、徐々に心を許し、話をし始める。

彼らの過去、そして密室の宇宙船で起こった出来事。

やがて、敵が姿を現す。
それはティアの宇宙船の同乗者であり、悪性ウイルスに浸食された最愛の人でもあった。恐ろしい寄生能力を持つウイルスに対抗するには…?

ブルーハワイのかき氷と、打ち上げ花火を見る度に思い出す、切ない晩夏の風景を綴りたいと思います。
スタッフ 脚本・演出=海老原あい/舞台監督=池田宏治/照明=池田麻利子/音響=石田千枝/衣装=清水真理香/宣伝美術=大志万慶美/殺陣指導=安藤幸子 ほか
キャスト 水尾綾子/飯塚美雪/細野美也/飯塚春香
お問い合わせ 劇団やぶさか
yabusaka0@yahoo.co.jp
●劇団やぶさか●
劇団やぶさか(細野)
090-6000-2616
劇団やぶさか第5回本公演『彼方に』

チケット発売日

2005年10月1日(土)

入場料金

前売り1,000円/当日1,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団やぶさか 090-6000-2616
ご予約いただいたお客様には、劇団オリジナルグッズをプレゼントいたします。
数に限りがありますので、お早めにどうぞ!
お名前・ご連絡先・希望日時・人数を明記の上、
やぶさかメアド yabusaka0@yahoo.co.jp までご連絡下さい。

チケット販売サイトへ

公演日程

2005年11月5日(土) 〜 11月6日(日)

上演時間 約90分

2005年11月

    1 2 3 4 5
  • 14:00
  • 19:00
  •  
6
  • 14:00
  • 17:00
  •  
7 8 9 10 11 12

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2243

トラックバック一覧