ZIPANGU Stage『航海綺譚』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ZIPANGU Stage

『航海綺譚』〜海に浮かぶミステリー〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年11月3日(木・祝)〜11月6日(日)
会場 恵比寿エコー劇場
〒150-0011 東京都渋谷区東3-18-3
PR・解説 綺譚(きたん)というのは、『面白くつくられたお話』といったような意味でして、平たく言えば『法螺(ホラ)話』のことです。つまりは、思い切りおもしろおかしくこさえられた、ありえねーお話。『法螺』と言うと聞こえが悪そうですが、実は物語の源流のひとつは間違いなくホラ話にあるワケでして、昔からヒトは、そういうのが大好きだったワケですね。ホラだと分かっていても、思わず誰もが聞きたくてたまらなくなっちゃうような、そんなお話。それが『綺譚』なのです。
また、一方で、この綺譚を英訳すると、『romantic story』となるそうです。なんだか、面白いですね。翻訳というのは時々こういった妙味を生み出してくれるモノでして、つまりは、思い切りおもしろおかしくこさえられた法螺話こそが、ロマンティック・ストーリーというワケです。なんだかそこから……すごいコメディが生まれてきそうな、気がしませんか?
というわけで、今回は、大海に浮かぶ船の上での、思い切りおもしろおかしくこさえられたロマンティック・ストーリーをお届けしたいと思っております。
どんな船旅が待ち受けているのか……ご期待いただければ幸いです。
ストーリー 豪華客船、プリンセス・メアリー号航海中。
 
船上に集う人々を突如、殺人事件が襲う!
偶然乗り合わせた名探偵・金田一耕作は、
盟友ゴロンボ警部と共に
果たして事件を解決できるのか……

実はこれ、船内で上演される
ミステリークルーズ劇の一幕なのだが、
その最中、ホンモノの怪事件が……

ロマンの風吹く海の孤城に巻き起こる、
ハチャメチャに楽しく
ミステリーな一夜の物語……
スタッフ 作・演出=今石千秋/演出助手=井上史浩/舞台美術=奥天芳明((有)オーズプロジェクト)/照明=猿谷香織((有)SPC)/音響=田島誠治(soundGimmik)/舞台監督=稲毛健一郎/チラシ画=久原大河/宣伝美術=前田明洋/制作=ZIPANGU Stage制作部
キャスト 新田正継/滝沢久美/キム木村/西薗優/村上健司/平野ともえ/宮本ゆるみ/杉岡愛子/中村だいぞう(ニューロン5)/斉藤いさお/菊池敏弘/中里圭太 ほか
お問い合わせ ZIPANGU Stage
042-405-3030
zipangustage@jcom.home.ne.jp
ZIPANGU Stage公式HP

チケット発売日

2005年10月1日(土)

入場料金

前売シングル2,800円/前売ペア4,900円/当日3,000円/学生割引2,000円(全席自由・税込)

日時指定券。
ペアは前売りのみ。学生割引は当日要学生証。

チケット発売窓口

ZIPANGU Stage 042-405-3030

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:364-587

公演日程

2005年11月3日(木・祝) 〜 11月6日(日)

2005年11月

    1 2 3
  • 14:00
  • 19:00
  •  
4
  • 14:00
  • 19:00
  •  
5
  • 14:00
  • 19:00
  •  
6
  • 14:00
  •  
  •  
7 8 9 10 11 12

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2244

トラックバック一覧