劇団うりんこ『弟の戦争』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団うりんこ

『弟の戦争』―GULF―

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年12月18日(日)
会場 北とぴあ
〒114-8503 東京都北区王子1-11-1
PR・解説 脚本・演出 鐘下辰男「なぜ戦争は人間を残虐に変えてしまうのか?そもそもいかなる人間も残虐行為に走らせてしまうところに戦争の真の恐ろしさはあるわけです。・・・この主人公は戦争の無い平和な国で暮らしているにもかかわらず、日々変貌していく弟と接しながら直に戦争を体験していく物語です。」
工事現場の足場のむき出しの鉄骨群、その中に置かれた幾つかのTVモニターは湾岸戦争を映し出す。工事現場の重機のガガガガガという凄まじい音は空爆や銃器の音と重なる。ラグビーの試合の雄叫びは兵士のそれに。演劇によって、戦争をナマのものとして体験してほしい。
ストーリー 弟は優しい子どもだった。弱っている動物や飢えた難民の子どもの写真を見ると「助けてやって!」と泣き叫んだ。弟が12才になった1990年8月イラクがクゥエートに侵攻した。その日の真夜中、弟は奇妙な言葉を喋り出した。イラクの少年兵ラティーフと名乗るのだ。私は毎晩のように弟から戦争のことを聞き出し、退屈であきあきした生活から抜けて楽しんでいたのだ。このことが弟をラティーフの世界に引きずりこんでいたのだ・・・。弟の体は平和なロンドンの家庭にありながら、心は戦場にあってもがき、苦しみ追いつめられ、やがて・・・・。
スタッフ 脚本・演出=鐘下辰男/美術=島 次郎/照明=中川隆一/音響=井上正弘(オフィス新音)/衣裳=伊藤早苗
キャスト 中嶋 稔/西尾栄儀/青山知代佳/長谷川真由/和田紀彦/三雲一三/佐久間晶子/高田博臣/平山真由美
お問い合わせ 劇団うりんこ
052-772-1882
info@urinko.jp
劇団うりんこへようこそ

入場料金

2,800円(全席指定・税込)

当日料金3500円

チケット発売窓口

劇団うりんこ 052-772-1882
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:362-929

公演日程

2005年12月18日(日)

上演時間 2時間

2005年12月

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2248

トラックバック一覧