J:COM/水清企画『星野哲郎メモリアル水前寺清子コンサート』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

J:COM/水清企画

J:COM PRESENTS

『星野哲郎メモリアル水前寺清子コンサート』〜千里の道も一歩から〜

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

辰巳琢郎さん、モト冬樹さん 特別ゲスト出演決定!
【予定楽曲】三百六十五歩のマーチ/いっぽんどっこの唄/涙を抱いた渡り鳥/昔の名前で出ています/出世街道/兄弟仁義/男はつらいよ…他

公演データ

公演期間 2011年12月13日(火)
会場 日比谷公会堂
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-3
PR・解説 今もこころに響く、星野哲郎の“応援歌”  今だからこそ、唄いたい歌がある。
水前寺清子(チータ)が唄う。 人生は ワン・ツー・パンチ!

日本歌謡界に偉大な軌跡を残した星野哲郎さんは日本の心を謡い、昭和を語った演歌の第一人者であり、日本を代表する作詞家として、数多くの功績を残しています。
星野作品には「人を応援する」メッセージが多く、中でも「男ならやれないことをやれ」という詞の『いっぽんどっこの唄』、「人生はワン・ツー・パンチ」の『三百六十五歩のマーチ』はいずれも水前寺清子の代表曲として親しまれ、愛され続けています。
ふたりは水前寺清子のデビュー前から親交があり、デビュー曲「涙を抱いた渡り鳥」を作詞し、水前寺清子の愛称「チータ」の名付け親でもありました。星野さんの葬儀で水前寺清子は涙ながらに弔辞を読み上げ、そこに残された数々の作品を大切に歌い続ける決意に満ちていました。

そんな想いを胸に、今年12月13日 日比谷公会堂で、星野哲郎の数々の“応援歌”を水前寺清子が歌いあげます。
ストーリー このステージには、舞台「星野哲郎物語“恋文”」に出演し、星野哲郎役を演じた辰巳琢郎さんも出演。第一部は、水前寺清子の歌と辰巳琢郎の詩の朗読で星野哲郎さんの足跡をたどります。さらに辰巳さんと舞台で共演していたモト冬樹さんも出演、舞台を盛り上げます。

続く、第二部は、星野哲郎作品を安藤実親の指揮と岡本章生とゲイスターズの伴奏で、
水前寺清子が渾身の熱唱でお届けするヒットパレード!
お問い合わせ アルゴ
03-3431-9909
公式サイト

チケット発売日

2011年10月15日(土)

入場料金

S席6,000円/A席5,000円/B席4,000円(全席指定・税込)

※当日券は500円増し

チケット発売窓口

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:148-100

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-003
Lコード:79244

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

CNプレイガイド
cnplayguide.com
0570-08-9999(オールジャンル)

チケット販売サイトへ

公演日程

2011年12月13日(火)

2011年12月

11 12 13
  • 13:00
  • 17:00
  •  
14 15 16 17
※3歳未満入場不可。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=22482

トラックバック一覧