厚生労働省、埼玉県、さいたま市『R&J(ロミオとジュリエット)』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

厚生労働省、埼玉県、さいたま市

『R&J(ロミオとジュリエット)』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年10月9日(日)〜10月10日(月・祝)
会場 彩の国さいたま芸術劇場 小ホール
〒338-8506 埼玉県さいたま市中央区上峰3-15-1
PR・解説 シェイクスピアの不朽の名作『ロミオとジュリエット』。
イギリスの演出家ジェニー・シーレイが、若い恋人たちの悲運の物語を現代とクロスオーバーさせ、日本の俳優たちとともに創る新たな舞台作品『R&J』。
障害の有無にかかわらず、322名のオーディション応募者の中から選ばれた8名の俳優たちが、ジェニーとの創作に挑みます。

自身もろう者である演出家によって築き上げられた独自の演出表現を用い、さまざまなコミュニケーションや複雑な感情の重なりを、台詞と手話をダイナミックに交えて描きます。高い芸術性の中で実現させた“見える台詞、聞こえる演技”、異なる身体性や表現力を最大限に活かした演出は、障害の有無を問わず楽しむことができる舞台を実現し、これまでの“演劇”の常識を覆します。
スタッフ 舞台美術:杉山至+鴉屋
照明:岩品武顕((公財)埼玉県芸術文化振興財団)
音響:山海隆弘((公財)埼玉県芸術文化振興財団)
衣装:川口知美(COSTUME80+)
舞台監督:平井徹((公財)埼玉県芸術文化振興財団)
演出助手:倉品淳子(山の手事情社)

フライヤーデザイン:京(kyo.designworks)
コーディネーター:吉野さつき
稽古通訳:山田規古 
日本手話コーディネーター:米内山陽子(トリコ劇場)
イギリス手話通訳:ジェニ・ドレイパー
制作助手:今井由希
キャスト 大橋ひろえ(サイン アート プロジェクト.アジアン)
奥本真司
金崎敬江(miel)
高橋佑輔(立花演劇研究所)
中村ひとみ(大阪ろう者劇団鳳凰)
野澤健(bug-depayse)
山野茉璃乃
若菜大輔
お問い合わせ 第11回全国障害者芸術・文化祭埼玉大会実行委員会事務局(埼玉県福祉部障害者福祉推進課)
048-830-3312
a3300-04@pref.saitama.lg.jp
第11回全国障害者芸術・文化祭埼玉大会

チケット発売日

2011年7月30日(土)

入場料金

一般2,000円/割引1,500円(全席自由・税込)

割引の対象:ユース(25歳以下)、シニア(65歳以上)、障害のある方及び介助の方(1名)

チケット発売窓口

彩の国さいたま芸術劇場チケットセンター 0570-064-939
電話予約は、休館日を除く10:00〜19:00
窓口購入も同様

チケット販売サイトへ

公演日程

2011年10月9日(日) 〜 10月10日(月・祝)

2011年10月

9
  • 14:30※
  •  
  •  
10
  • 14:30※
  •  
  •  
11 12 13 14 15
※ 13:30受付開始(受付順に入場整理券を発行します。)
  14:00開場
  14:30開演

  両日とも同じ日程です。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=22504

トラックバック一覧