劇団東京ペンギン『恋するゆりかもめ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団東京ペンギン

劇団東京ペンギン第4回公演

『恋するゆりかもめ』

  • 公演中
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年11月2日(水)〜11月6日(日)
会場 シアターKASSAI
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-45-2
PR・解説 原発?恋?ゆとり世代?
劇団東京ペンギンがお送りする最新作は、なんと恋の話!
しかも、最近話題だからというゆとり世代にありがちな安易な発想で「原発」に挑む。
「恋」と「原発」がひとつになったとき、壮大なエンターテイメントが生まれる。
この日本という国はいったいどうなってしまうの?
「ゆとり世代が、まじめなフリして原発について考えながら恋に生きる。」
そんな作品です。
さぁ、スピード感あふれる壮大な80分を体感せよ!!
ストーリー 舞台は2011年東京臨海副都心「お台場」。原子力問題が白熱する最中、密かに新たなエネルギー「ラブパワー」の開発が進んでいた。それは、ラブトニウムという失恋した際に発生するエネルギーを利用したものだった。原子力よりも強力とされるラブパワー…
恋も原子力も扱いづらいのは同じなのね。
今、恋のメルトダウンが起ころうとしている。
ゆとり世代がお送りする、恋と原子力の臨界ギリギリエンターテイメント!!
スタッフ 脚本・演出 裕本恭
舞台監督 西村敏輝
照明 榊原大輔
音響 長尾遥 
舞台美術 伊藤健太
演出助手 大久保春佳
宣伝美術 TARO(TARO×MUKO)
映像記録 木下幸太郎(早稲田舞台映像研究会)
プロデューサー 裕本恭
制作 山本恭裕 三輪塁
協力 江古田のガールズ 劇団総合藝術会議 てあとろ50’ レゴプラ こりっち舞台芸術 中野同盟
企画・製作   劇団東京ペンギン
キャスト 寺尾みなみ 
丸塚香奈
工藤敬輔
中井萌 
田島ダヴィデ俊
野澤太郎
高木友
大野由加里
今川智博(てあとろ50’)
ゾ・トンジュン(劇団総合藝術会議準レギュラー)
山邉健介(レゴプラ)
小林光(江古田のガールズ)
お問い合わせ 劇団東京ペンギン
090-6558-5740
tokyo_penguin_drama@yahoo.co.jp
劇団東京ペンギン公式サイト

チケット発売日

2011年10月1日(土)

入場料金

前売1,800円/当日2,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団東京ペンギン 090-6558-5740
受付開始は開演の45分前、会場は開演の30分前。
4(金)19:30の回は方言ナイト! 
地方から東京に集まった者どもが全編故郷の言葉で演じます。あのシーンも方言になるだけで、ずいぶんと印象が変わるかも?関西弁、九州弁、東北弁etc.

チケット販売サイトへ

割引情報 お得な初日割! 2(水)19:30の回は1600円で観劇できます。(要予約)
ゆりかもめ割…ゆりかもめの切符を受付で見せると、200円引き!初日のみ、100円引きとなります。(切符1枚につき1名様のみ有効。例により、ゆりかもめとは何ら提携を結んでおりません。)

公演日程

2011年11月2日(水) 〜 11月6日(日)

上演時間 約80分

2011年11月

    1 2
  •  
  •  
  •  
  • 19:30★
3
  •  
  •  
  • 14:00
  • 19:00
4
  •  
  •  
  •  
  • 19:30◎
5
  •  
  •  
  • 14:00
  • 19:00
6
  •  
  •  
  • 14:00
  • 18:00
7 8 9 10 11 12
★…お得な初日割! 1600円で観劇できます。(要予約)
◎…方言ナイト!  地方から東京に集まった者どもが全編故郷の言葉で演じます。あのシーンも方言になるだけで、ずいぶんと印象が変わるかも?関西弁、九州弁、東北弁etc

アフターイベント情報…アフターイベント実施回、イベント内容に関しては劇団東京ペンギン公式サイトをご確認ください。随時情報アップされます。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=22545

トラックバック一覧