超電磁劇団ラニョミリINTERNATIONAL『熱海殺人事件』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

超電磁劇団ラニョミリINTERNATIONAL

超電磁劇団ラニョミリINTERNATIONAL 第15回公演

『熱海殺人事件』〜木村伝兵衛部長刑事の初級革命講座飛龍伝2011〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年10月28日(金)〜10月30日(日)
会場 相鉄本多劇場
〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-1-22相鉄ムービル3F
PR・解説 「熱海殺人事件」を見たことがある方には、今までにない「熱海殺人事件」を、はじめてつか氏の作品を見る方には、つか氏の芝居の面白さを、そんなラニョミリ改訂版「熱海殺人事件」。

この作品の名物となっているシーンや台詞は勿論健在、見事につかテイストがしっかり根底に残ったものとなっております。
ストーリー 温泉街・熱海で起こった取るに足らない小さな殺人事件をドラマチックな大事件に「育て上げる」ために刑事たちの奮闘が始まる。 劇的であるか否か、全てはそのために―

***************************

1973年、ひとつの戯曲が日本の演劇の歴史を変えた。
つかこうへい「熱海殺人事件」。
時代の空気を取り入れ、常に改訂され続けてきた「熱海」。その進化にある日突然終止符が打たれる。
2010年、つかこうへいの早過ぎる死。
そして2011年、世界は「熱海」の新たな局面を目撃する。

「飛龍が泣いているよ、やっと相手を見つけたんだなと…」

これは進化なのか、回帰なのか。
挑戦なのか、オマージュなのか。

ラニョミリよりつかこうへいに愛をこめて。
熱海殺人事件―木村伝兵衛部長刑事の初級革命講座飛龍伝―

…今、君は歴史の目撃者となる。
カミングスーン!!!
スタッフ 作/つかこうへい
脚色/上村貴夫
演出/ミズノタクジ
制作/とのぎひろこ
照明/あおきたかし
音響/長谷川勝己
宣伝美術/ジャパンアート
舞台監督/板垣陽太
キャスト ミズノタクジ・とのぎひろこ・渡部大樹・未浦 青・板垣陽太・高橋雄一郎・山田育代
お問い合わせ 090-6304-6207
lanyomiri@hotmail.com
劇団HP

チケット発売日

2011年8月2日(火)

入場料金

前売(大人)2,500円/前売(高校生以下)2,000円/当日(大人)2,800円/当日(高校生以下)2,300円(全席自由・税込)

※日時指定

チケット発売窓口

劇団チケット予約フォーム 090-6304-6207
下記ブログも参照ください
http://lanyomiri.269g.net/article/16310078.html
問合せ
lanyomiri@hotmail.com

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

公演日程

2011年10月28日(金) 〜 10月30日(日)

2011年10月

23 24 25 26 27 28
  • 19:00◎
  •  
  •  
29
  • 14:00◎
  • 19:00◎
  •  
30
  • 14:00◎
  •  
  •  
31          

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=22585

トラックバック一覧