ブラジル『おしっこのはなし』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ブラジル

サンモールスタジオ提携公演

『おしっこのはなし』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年11月25日(金)〜12月4日(日)
会場 サンモールスタジオ
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-19-10 サンモール第3M-8F(事務所) B1(劇場)
PR・解説 『おしっこのはなし』という下品でかわいいタイトルですが、けして下品なだけでも、かわいいだけでもありません。余命三ヶ月を宣告された女性が、どうでもいい下らない“おしっこ”さえも愛おしく感じるようになる。その切ない心の変化を大胆なアプローチで描きます。

「グリング」や「KAKUTA」などへの出演で活躍中のブラジル唯一の所属俳優、辰巳智秋を中心に、今回も魅力的な客演陣を揃えました。バラエティに富んだ総勢13名のメンバーが、ここにしかない新しいブラジルの世界を作り上げます。
ストーリー ベッドに横たわる余命3ヶ月のあたしを馬鹿笑いさせようと必死におしっこの話ばかりするカレ。カレのおしっこの話を聞きながら、あたしはカレじゃないあのヒトのおしっこを飲むことばかり夢見ている。あたしにとって、おしっこはこの生に関する愛おしく名残惜しい存在だ。カレは楽しかった過去を取り戻そうとやっきになっているのに、あたしはあるかどうかもわからない未来のことをすごく謙虚に考えている、やっぱりどこまでも図々しい女の物語。
スタッフ 作・演出=ブラジリィー・アン・山田(ブラジル)/照明=シバタユキエ/音響=佐藤春平(sound cube)/宣伝美術=川本裕之/写真=427FOTO/制作補=池田智哉(劇団ギリギリエリンギ)/制作補=堀島圭介(VARNA)/制作=恒川稔英/制作=ブラジル事務局 ほか
キャスト 辰巳智秋(ブラジル)/近藤美月(bird's-eye view)/諌山幸治/吉田久代(ククルカン)/ハセガワアユム(AAA)/葛木英(メタリック農家)/山中郁(bird's-eye view)/黒岩三佳(あひるなんちゃら)/中川智明/武藤心平(クロム舎)/異儀田夏葉/友松栄/松岡洋子(風琴工房)
お問い合わせ ブラジル事務局<スギイ>
080-5172-8266 / 03-3948-3894
bra_zimu@hotmail.com
ブラジルのホームページです。

チケット発売日

2005年10月23日(日)

入場料金

前売2,600円/当日2,800円/団体早割2,200円(全席自由・税込)

【団体早割】は、11月中の回のみ、3名様以上、要予約、劇団扱いのみ。

★ネット予約キャンペーン★
ブラジルHPにてご予約いただき、郵便振替でお支払いのお客様にプレゼント!!
詳しくは、HPにて。

チケット発売窓口

ブラジル事務局<スギイ> 080-5172-8266

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:365-097
サンモールスタジオ 03-5367-5622
平日11:00〜19:00

公演日程

2005年11月25日(金) 〜 12月4日(日)

2005年11月

20 21 22 23 24 25
  •  
  •  
  • 19:30
26
  •  
  • 14:00
  • 19:00
27
  •  
  • 14:00
  • 19:00
28
  •  
  •  
  • 19:30★
29
  •  
  •  
  • 19:30
30
  •  
  •  
  • 19:30
     

2005年12月

        1
  •  
  •  
  • 19:30
2
  •  
  •  
  • 19:30
3
  •  
  • 14:00
  • 19:00
4
  • 13:00
  • 17:00
  •  
5 6 7 8 9 10
★終演後、ブラジリィー・アン・山田によるアフタートークあり

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2261

トラックバック一覧