劇団仲間『森は生きている』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団仲間

劇団仲間公演

『森は生きている』十二月物語

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年12月23日(金・祝)〜2006年1月5日(木)
会場 紀伊國屋サザンシアター
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
PR・解説 詩情あふれる舞台 美しい音楽
1959年初演以来、1800回を越える上演回数で全国の子どもから大人まで魅了した感動の名作
ストーリー ある大きな国に、わがままな女王様がいました。
ある年の大晦日、女王様が気まぐれにとんでもないお布令を出しました。
「新年までにマツユキ草を持ってきた者にはかごいっぱいの金貨をあげます」
欲ばりな叔母さんとその娘は金貨欲しさに、真冬の森へみなしごの少女をやりました。
しかし今は冬。マツユキ草は四月に咲く花です。どこを探してもあるはずがありません。
少女はこごえ死にそうになりながら森をさまよいます。
その時、遠くに金色の光が見えました。それは“十二の月の精たち”の焚き火でした。
十二月の精たちは大晦日の晩に集まって、年に一度のお祭りをするのです。
みなしごが優しい少女だということを知っている十二月の精たちは、困っているみなしごのために一時間だけ〈春〉をよびました。
みなしごがマツユキ草を摘んで家に帰ると、叔母さんとその娘はそのマツユキ草を持って、女王様の所へ行きました。
すると、女王様は自分もマツユキ草を摘みに森へ行きたい言い出したのです。
スタッフ 原作=サムイル・マルシャーク/訳=湯浅芳子(岩波書店版)/演出=高田 潔/音楽=林  光 ほか
キャスト 菊地勇一/関口 篤/伊藤初雄/鹿島伸往/古川伴睦/安田由美子/松野方子/片桐雅子/浜谷真理子/大堀 茜 ほか
お問い合わせ 劇団仲間
03-3368-4623 / 050-5519-2870
info@gekidan-nakama.com
劇団仲間

チケット発売日

2005年10月17日(月)

入場料金

4,500円(全席指定・税込)

*大人・子ども同一料金
*団体割引あり(同日同ステージ10名様以上)

チケット発売窓口

劇団仲間 03-3368-4623

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:364-613
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2005年12月23日(金・祝) 〜 2006年1月5日(木)

2005年12月

18 19 20 21 22 23
  • 14:00
  •  
  •  
24
  • 11:00
  • 15:00
  •  
25
  • 14:00
  •  
  •  
26
  • 11:00
  •  
  •  
27
  • 14:00
  •  
  •  
28 29 30 31

2006年1月

1 2 3 4
  • 14:00
  •  
  •  
5
  • 14:00
  •  
  •  
6 7
2005年12月28日(水)〜2006年1月3日(火) 休演

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2264

トラックバック一覧