シアター...イン・プログレス『父と暮せば / 責任の所在』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

シアター...イン・プログレス

『父と暮せば / 責任の所在』

  • 公演中
拡大画像を見る
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年10月22日(土)〜10月30日(日)
会場 中目黒アスマラ
〒153-0052 東京都目黒区祐天寺1-1-1 リベルタ祐天寺1階
PR・解説 今回、シアター...イン・プログレスは、”戦後60年”という節目のこの年に、
戦争、原爆を扱った二つの戯曲をお届けします。
人々の生活を一瞬に奪ってしまった原爆は、広島、長崎だけの問題なのでしょうか・・・・・・。
世界では、いまだに戦争をしている国もあります。
そして、広島、長崎と同じことが、繰り返されているのです。
この二つの戯曲から、”戦後60年”を見つめてみませんか。
ストーリー 「父と暮せば」
広島の原爆で父を炎の中に見捨ててしまった罪悪感から、
幸せを諦めようとする美津江の前に、ある日恋の応援団として
父竹造が現れた。
過去の傷を乗り越え、美津江が人間として女性として
当たり前の幸せを許すまでの心の葛藤を描いた井上ひさしの名作です。

「責任の所在」
1965年んき上演されて話題を呼んだ宮本研の「ザ・パイロット」。
長崎に原爆を落とし、英雄となったのパイロット、クリストファー・リビングストン。
戦争中に防空監視哨の哨長で太陽を見過ぎたため失明同然になってしまった六平太。
原爆投下の罪に悩むクリスとB29を発見しながらその報告の遅れに戦後20年
悩み続けた六平太。
1965年8月、戦後20年たった長崎の浦上天主堂に近い丘の上で二人は出会った・・・・・・
スタッフ 演出=テリー・ヘイクス/演出補=玲奈/デザイン=高橋敏之
キャスト 明日香/布勢克享/大木章/テリー・ヘイクス/岩崎あかね
お問い合わせ シアター...イン・プログレス
070-5567-8275
info@t-in-p.com
シアター...イン・プログレス

入場料金

2,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

シアター,,,イン・プログレス 070-5567-8275

チケット販売サイトへ

公演日程

2005年10月22日(土) 〜 10月30日(日)

2005年10月

16 17 18 19 20 21 22
  • 19:00
  •  
  •  
23
  • 13:00
  • 17:00
  •  
24 25 26 27 28 29
  • 19:00
  •  
  •  
30
  • 13:00
  •  
  •  
31          

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2266

トラックバック一覧