Classics Up-Date『つづきゆくものがたり』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Classics Up-Date

『つづきゆくものがたり』〜千と一つの夜を超えて〜

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年12月2日(金)〜12月8日(木)
会場 東京ジャーミイ・トルコ文化センター
〒151-0065 東京都渋谷区大山町1-19
PR・解説 英国王立演劇学校(RADA)の正統な演技術を勉強している若い俳優たちによって、世界の古典劇を同時代のものとして再生しようという目的のもとに結成された俳優集団です。これまでに、洋館やホテル、能楽堂や教会美術館などで公演を行ない、いずれも空間を生かした作品作りが高い評価を得ています。

第5回公演『つづきゆくものがたり』はイスラーム文学の宝石『千夜一夜物語』からの翻案で、音楽と身体ワークを使った演劇的な作品に仕上げました。

会場の東京ジャーミイは、オスマントルコの装飾様式と、現代の建築技術の融合のもとに完成したモスクで、トルコ・イスラーム芸術のあらゆる分野を代表する作品が、ひとつの調和と美観の中で配置されている特別な空間で、演劇をお楽しみいただくことが出来ます。
ストーリー むかしむかし、遠い砂漠の国に、その日に結婚したお妃様を次の日の明け方には殺して、また別の娘と結婚しては明け方殺してしまう残酷な王様がおりました。そのうちに、この国には娘さんが一人もいなくなってしまいます。最後に残った二人の姉妹のうち、姉のほうが、その王様と結婚した次の明け方、「殺される前に、私の妹に、最後のお話をさせてください。」とお願いします。そして話し始めたお話はとても面白く、一緒に聞いていた王様は、続きが聞きたいので、その日はこのお妃様を生かしておくことに決めました。次の日も、お妃様はお話を続けます。このお話も面白くて、大様はもっと続きが聞きたくなり、その日もまた、お妃様を生かしておくことに決めました。
さあ、お妃様はあと何日くらい生き延びられるのでしょう。王様は本当にこの最後の一人のお妃様も殺してしまうのでしょうか。
スタッフ 演出・翻案=三輪えり花/音楽=日高哲英/美術=三輪えり花/映像美術=伊藤雅典/チラシデザイン=桜井晶 ほか
キャスト 伊藤雅典(兵庫県立ピッコロ劇団)/岡村美雪/齋藤尊史(劇団民藝)/林佳代子(劇団昴)/三輪えり花(劇団昴)/梁瀬満(兵庫県立ピッコロ劇団)/渡辺慎平(劇団昴)
お問い合わせ オフィス樹
03-5337-8368
cud@nifty.com
Classics Up-Dateホームページ

チケット発売日

2005年11月2日(水)

入場料金

3,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

Classics Up-Date

チケット販売サイトへ

オフィス樹 03-5337-8368
平日11:00〜18:00

公演日程

2005年12月2日(金) 〜 12月8日(木)

上演時間 約1時間20分

2005年12月

        1 2
  • 19:00
  •  
  •  
3
  • 19:00
  •  
  •  
4
  • 19:00
  •  
  •  
5
  • 19:00
  •  
  •  
6
  • 19:00
  •  
  •  
7
  • 19:00
  •  
  •  
8
  • 19:00
  •  
  •  
9 10

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2267

トラックバック一覧