人形劇団ひとみ座『人形劇「ズッコケ時間漂流記」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

人形劇団ひとみ座

クリスマス・スタジオ公演2011

『人形劇「ズッコケ時間漂流記」』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年12月24日(土)〜12月26日(月)
会場 ひとみ座第一スタジオ
〒211-0035 神奈川県川崎市中原区井田3-10-31
PR・解説 人形劇「ズッコケ時間漂流記」

あのズッコケ三人組が 江戸時代にタイムスリップ!?
ロックバンドのリズムに乗って 大活劇の始まり!始まり!

人形劇団ひとみ座のズッコケ三人組シリーズは、早くも第三弾!!
1993年発表「ズッコケ三人組」、2000年発表「あやうしズッコケ探険隊」と続いて、これまで2000ステージ以上、50万人以上のお客様に楽しんでいただいています。
ストーリー ハチベエこと八谷良平、ハカセこと山中正太郎、モーちゃんこと奥田三吉はミドリ市花山町の小学六年生。三人は学校の成績もかんばしくなく、トラブルばかり巻き起こすゆえ『ズッコケ三人組』と呼ばれている。
 今日も先生に叱られた三人組は、こりもせずに体育館の「立入禁止!」の扉を開けてしまう。そこにあったのはタイムスリップを引き起こす謎の鏡。三人組は江戸時代にタイムスリップしてしまった…。
 そこで出会ったのは、江戸の天才発明家平賀源内。三人組は元の世界に戻るため、源内の協力を得て「新エレキテル」の大発明に取りかかる!! しかしこれを面白く思わない役人が、源内と三人組を逮捕するために動き出した。
 新エレキテルの完成した夜、源内宅の門が叩かれた。すでに大勢の役人達が源内宅を取り囲んでいたのだ。三人組は、無事現代へ帰れるのだろうか…。
スタッフ 原作 那須正幹(作)・前川かずお(絵)
    「ズッコケ時間漂流記」(ポプラ社:刊)
脚本 岡本三郎・西上寛樹
演出 西上寛樹
人形美術 横田左千子
舞台美術 乗峯雅寛(文学座)
音楽 雨宮賢明
音響 田辺正晴
照明 石川哲次
舞台監督 森下勝史
制作 半谷邦雄・田坂晴男
キャスト ハチベエ 松本美里
ハカセ 小林加弥子
モーちゃん 岡本三郎
平賀源内 龍蛇俊明
佐竹左門 森下勝史
千次 西田由美子
おしの 松島麗
 
 
お問い合わせ 人形劇団ひとみ座
044-777-2225
puppet@hitomiza.jp
人形劇団ひとみ座公式HP

チケット発売日

2011年11月7日(月)

入場料金

前売大人2,000円/前売子ども1,700円/当日大人2,300円/当日子ども2,000円/ひとみ座倶楽部大人1,800円/ひとみ座倶楽部子ども1,600円(税込)

全席自由
子ども料金は、4才から小学生まで

チケット発売窓口

人形劇団ひとみ座 044-777-2225
FAX.044-766-0249
E-mail puppet@hitomiza.jp

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2011年12月24日(土) 〜 12月26日(月)

上演時間 約1時間30分(途中10分休憩あり)

2011年12月

18 19 20 21 22 23 24
  • 14:00
  •  
  •  
25
  • 14:00
  •  
  •  
26
  • 10:30
  • 14:00
  •  
27 28 29 30 31

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=22935

トラックバック一覧